人生好転ブログ

キャリアと家庭円満の両方を手に入れる方法

コドルニウ ワイナリーへの行き方 バルセロナ旅行

コドルニウ ワイナリーへの行き方 バルセロナ旅行 

 

バルセロナに旅行される方の中には、サグラダファミリア もいいけど、スペインのスパークリングワインである カヴァ をパエーリャと一緒に楽しみたい! という方もいらっしゃいますよね。

 

バルセロナはカヴァの生産地としても有名で、公共の交通機関でいけるワイナリーもいくつかあります。

 

特に有名なのが フレシネとコドルニウなのですが、今回はそのコドルニウへの行き方を書いていきます。

 

バルセロナ中心部から1時間もあればいけるので気楽にお楽しみいただけますよ。

 

f:id:hirokionlinex:20190821075136j:image

 

コドルニウ ワイナリーへバスで行く方法

 

まずコドルニウ ワイナリーへ行きたい人はホームページから見学ツアーを申し込んでください。

 

2019年8月時点で16ユーロとかでしたが、こういう観光の価格設定は頻繁に変わるのであくまでも参考価格です。

 

英語でのツアーは基本的に朝11:30とかだと思いますので、それに合うように出発します。

 

地下鉄の ホスピタルクリニックという駅で降ります。

 

この駅は市内の中心部なのでアクセスは簡単です。

 

地下鉄ですが、降りると右の出口か左の出口かがどの駅でも迷いどころです。

 

Sorida Comite d’Urgell と書いてある方の出口に出てください。

 

日本の地下鉄でも同じですが、北口と南口を間違えると悲惨なことになりますよね。

 

Sorida Comite d’Urgell に出れたとしても、まだ安心してはいけません。

 

そこから5分くらい歩いたところにバス停があります。

 

ここはグーグルマップに頼りましょう。

 

ガソリンスタンドの真横にメルセデスベンツの修理店みたいなのがあるので、その目の前がバス停です。

 

そこそこの大通りで、大きな交差点にあるガソリンスタンドなので分かりやすいです。

 

グーグルマップには以下の住所で検索したください。

 

Carrer del Comte d'Urgell, 229

 

f:id:hirokionlinex:20190821080831j:image

 

バスですが、バス停に似たようなバスが何台も停まっていますので、間違えないようにしましょう。

 

フロントガラスにコルドニウとか書いてくれている場合もあるようですが、私のときはありませんでした。

 

運転手さんがいれば 「コウドニウ?」と聞けばイエスかノーかでは答えてくれます。

 

運転手さんがバスに鍵をかけて出発の9:15分に対して、9:10くらいまで来ないこともあります。

 

そんなときはそのバス停に集まっている人にコルドニウ? と聞いてみましょう。

 

いくらスリの多いバルセロナでも、ワイナリーに行くような人は、道を尋ねたら知っている限り答えてくれます。

 

2019年8月時点では バス代は 大人も子供も 4.1ユーロでした。こちらも頻繁に変わるので参加価格です。

 

運転手さんに支払うので、カードでもいけます。

 

車内はWi-Fiもあって快適です。

 

45分くらいで到着します。

 

f:id:hirokionlinex:20190821081530j:image

 

コルドニウ ワイナリー見学の内容

 

見学ツアーは11:30からなので、10時に到着して丸々1時間半持て余します。

 

完全に暇で辛いです。

勝手にワイナリーの中に入ってはダメだし、周りに見て回れるようなお店などもありません。

 

そう考えると帰りの逆で、鉄道を乗り継いでタクシーで時間通りに来るのも1つの方法です。

(帰りは後述)

 

f:id:hirokionlinex:20190821081848j:image

 

見学ツアーはとってもよくオーガナイズされています。

 

歴史の説明から始まって、ワイン作りの設備を見せてくれます。


f:id:hirokionlinex:20190821081902j:image

 

今、ワインを作っているその場所というよりも、見学用に博物館的な作りになっているとイメージしていただけると良いです。

 
f:id:hirokionlinex:20190821081835j:image

 

遊園地のゴンドラというか、大きめのゴルフカートのような乗り物で地下のワイン保管所をぐるぐると回るような、子供も喜ぶ仕掛けもありす。


f:id:hirokionlinex:20190821081854j:image

 

最後はカヴァを二種類試飲できます。

子供にはジュースがでます。


f:id:hirokionlinex:20190821081906j:image

 

最終的にはお土産もの屋さんで解散となりますが、多くのコドルニウのワインは市内でも手に入るので、先に市内のお店のラインナップを見ておいて、ワイナリーでしか買えないものを選ぶといいです。

 

コドルニウからバルセロナ市内へ帰る方法

 

ホスピタルクリニックからのバスは、コドルニウのワイナリーを往復しているバスではなく、バルセロナ市内から出ているバスで、コドルニウワイナリーにも停まるバスです。

 

そのためワイナリーの見学の時間に全く合っていません。

 

ですから帰りはタクシーを呼んでもらって、それに乗って駅に行って、電車で帰るのが良いです。

 

タクシーですが呼んでから5分でくるよと言われましたが、実際は15分以上待ちました。

 

ですからお土産屋さんに着いた時点で、一旦その真裏の受付に戻ってタクシーを呼んでおくのがいいです。

 

そしてお土産を見ている間にタクシーが来れば、待たずに乗れます。

 

駅までは5分くらいで、迎えの料金も含めて10〜15ユーロくらいです。

 

頑張れば歩けますが30分くらいかかります。

 

駅はバルセロナ行きか、サドゥルに行きかで乗り場が違い、タクシーの運転手さんに行ってもらう場所が変わるので、「バルセロナ!」と明確に伝えましょう。

 

Sant Sadurní d'Anoia という駅ですが、これは行きにホスピタルクリニックまで乗ってきた地下鉄とは違います。

 

国鉄のレンフェという鉄道なので、地下鉄の10回チケットとかは使えません。

 

レンフェの駅で、サンツ駅までの切符を買います。

 

サンツ駅までは8ユーロくらいなので、バスの倍です。タクシーも含めるとやはり電車はやや高いです。

 

ですが、Sant Sadurní d'Anoia の駅前に、冒頭に書いた フレシネというもう1つのワイナリーがあるので、はしごする気合いの入った人は、鉄道でまずフレシネに行って、コドルニウ経由でまた鉄道で帰るというのもありです。

 

地下鉄よりはレンフェは空いていますが、市内まで30分くらいはかかります。

 

コドルニウ ワイナリー バルセロナのまとめブログ

 

f:id:hirokionlinex:20190821083622j:image

 

かなり観光地として仕上がっているので、葡萄畑の見学などはあまり無かった感じです。

 

またワイナリー併設のレストランなどもなく、これまでナパやナイアガラでワイナリーを見てきた経験でいうと少し物足りないツアーでした。

 

それでも車でなくてもいけるというのは、とても便利ですし、片道1時間というのもアクセス良いワイナリーといえます。

 

自分の所在地さえわかっていれば、迷うこともないのでグーグルマップを活用して、ぜひ楽しんで行ってみてください。

 

グーグルマップはWi-Fiなしでは使えませんので、必ずレンタルしていってくださいね。

 

海外行くなら!イモトのWiFi

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.