人生好転ブログ

キャリアと家庭円満の両方を手に入れる方法

サグラダファミリアの見えるホテル バルセロナ旅行はココ!

サグラダファミリアの見えるホテル バルセロナ旅行はココ!

 

ガウディのサグラダファミリアが見たい!

と思いついてからバルセロナのホテルを徹底的に探しまくりました。


そしてサグラダファミリアの目の前にあるホテルを見つけて、

5日間滞在した感想をまとめす。


お値段もそこそこで子供たちも大満足でしたが、

エレベーターがないのがとにかく大変でした(汗)

 

f:id:hirokionlinex:20190818150230j:image

(ホテルを出てすぐの風景)

 

サグラダファミリアの見えるホテルガウディズネストアパートメント


サグラダファミリアの見えるホテルはバルセロナにいくつかあります。


いくつかあるのですが、そのほとんどが、なんとか見えるといえば見えるという感じのもので、

ハワイのオーシャンビューホテルくらいの怪しいものです。


無理やり窓から首を出して、サグラダファミリアの端が見えても、それで見えたことにはなりません。


ホテルからサグラダファミリアが見えるというのは、

真っ正面からドーンと見える状態のことです。


それが出来るホテルがあります。


ガウディズネストアパートメントです。

 

f:id:hirokionlinex:20190818150006j:image

(ホテルのダイニングからの風景)


ここはホテルという言い方は適切ではなく、

その名の通りアパートメントタイプの部屋です。


Airbnbでも借りられる部屋で、ロビーもフロントもなく、ハウスキーピングもありません。


コンドミニアムという言い方のほうが近いでしょう。


もっと分かりやすくいうと、ウイークリーマンションという感じです。


ですから、まさしく住むように過ごせるレンタル部屋です。


サグラダファミリアを真っ正面から見える部屋


ガウディズネストアパートメントは5階建ですが、私は4階に滞在しました。


1階や2階ですと、やや公園の木が邪魔になりますが、

4階は何も遮るものなく部屋からサグラダファミリアを見ることが出来ます。


屋上は滞在している人なら誰でも行くことができるので、

もし1階か2階でも、屋上からの景色を楽しむことは可能です。

 

f:id:hirokionlinex:20190818150042j:image

(屋上からの風景)


部屋には窓が2つあり、どちらからも美しいサグラダファミリアを見ることが出来ます。


朝昼晩とダイニングテーブルで食卓を囲みながら、サグラダファミリアを見ることが出来ます。


リビングスペースでソファに横になりながら、サグラダファミリアを見ることも出来ます。


夜明け前のサグラダファミリア、

朝日で照らされるサグラダファミリア、

お昼のサグラダファミリア、

夕方のサグラダファミリア、

夜のサグラダファミリアを

快適なエアコンのきいた部屋から、眺めることが出来ます。


好きなものを食べながら、

美味しいお酒を飲んで、

サグラダファミリアを眺めることができるのは

このガウディズネストアパートメントだけです。


サグラダファミリアの見えるガウディズネストアパートメントはどんなところ?


部屋はリビングダイニングと寝室2つとキッチン、ユニットバスです。


リビングはソファ2つとテレビ、

ダイニングスペースはテーブルに椅子4脚で、

4人家族の我が家にはちょうどいいサイズでした。


お昼間はやや日差しが強かったので、

せっかくサグラダファミリアの見える部屋でしたが、

1つの窓はカーテンを閉めました。


窓からワイヤーが張られていて、タオル数枚なら洗濯物が干せます。


キッチンにミニ洗濯機があり、寝室にタオルハンガーもあるので、住むように生活できます。


キッチンは、冷蔵庫、コンロ、レンジ、トースター、そのほか必要な食器類は揃っています。


コンロはコックをひねってチャッカマンで点火するタイプです。


ポットはなくヤカンでお湯を沸かすのが不便でした。


ユニットバスはトイレ1つ、バスタブ1つ、手洗い場2つでしたが、部屋によってはバスタブは無いようです。


実際はなかなかちょうどいい温度にお湯を調整できなかったので、

バスタブにお湯をためて入ることはありませんでした。


お湯を出そうとすると、かなり熱いお湯しかキープ出来ませんでした。


カランをお湯マックスから、徐々に水側にひねって水とお湯を混ぜていい温度にしようとしても、すぐにお湯が止まって水になってしまいます。


お湯でキープ出来る温度では、子供には熱すぎたようで、シャワーは大変でした。


タオルはバスタオルと普通タオルが4枚ずつあり、1週間の滞在中で一度だけ交換出来ます。自分たちで選択できるので、我が家は一度もかえませんでした。


寝室はダブルベッドの部屋と、ツインの部屋です。

サグラダファミリアと逆側の部屋で、雨戸もあるので、暗くして寝られます。


部屋によってシーツや絵画の雰囲気が違うようです。

絵画やポスターは全てバルセロナのものですが、

サグラダファミリアの絵や置物が無いのがオシャレでした。

 

f:id:hirokionlinex:20190818150428j:image


ガウディズネストアパートメントにはエレベーターがありません


サグラダファミリアを見ることができるバルセロナで1番のホテルの可能性が高いガウディズネストアパートメントですが、デメリットもあります。


エレベーターがないのです。


そして階段が狭く、段数が多いです。

 

f:id:hirokionlinex:20190818150125j:image


4階に泊まりましたが、玄関と0階をカウントすると、

日本式にいうと6階に泊まったことになります。


毎回6階分の階段の上り下りというのはなかなかハードです。


アパートメントハウスなので、水やワインや食料を買って帰るとその荷物を持って6階分の階段を上るのです。


屋上が近い階にもかかわらず、屋上には上がらない日もありました。

それくらい階段の上り下りはなかなかめんどくさいことです。


特に到着したときのスーツケースを持って上がる作業は地獄です。


我が家はチェックインの際にオーナーさんに荷物を預けてスーツケースは運んでもらいました。


オーナーさんは人柄が最高にいい人です。


ただ帰りは早朝だったので、自力でスーツケースを下ろしました。


2個のスーツケースを1つずつ下ろすのに10分以上かかりました。


この日のために筋トレをしておいて良かったです。

 

f:id:hirokionlinex:20190819074928j:image

(夜の窓からの風景)


サグラダファミリアの見えるホテルのまとめブログ


バルセロナ旅行のハイライトはやはりサグラダファミリアです。


ですがサグラダファミリアの近くのホテルでない限り、

サグラダファミリアを見られるのはわざわざそこまでいく一回か二回です。


そしてサグラダファミリアの近くのホテルであっても、

地下鉄の移動のときに目にするのと、夜にライトアップを見に行く程度で、

いつもサグラダファミリアを見ている訳ではありません。


ガウディズネストアパートメントは単なるバルセロナ旅行ではなく、

サグラダファミリアのある生活を体験できる唯一無二の体験です。


階段の上り下りに自信がある方で、バルセロナに旅行される方はガウディズネストアパートメントホテルを選ばないときっと後悔するでしょう。


ちなみにバルセロナに限らずヨーロッパはWi-Fiが弱いので、

このガウディズネストもフリーWi-Fiがあるものの、結局はレンタルWi-Fiを使っていました。


外でも国際電話も使えるフリーWi-Fiは海外旅行に必須です。

間違ってもスマホで国際電話料金を請求されて高額の料金を払わないために、必ずWi-Fiを借りてください。

 

海外行くなら!イモトのWiFi

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.