パパの人生好転ブログ

娘、息子から尊敬される父になるためジタバタとチャレンジしていくブログです。

7pay は使わない PayPayとLINE Payとメルペイでお腹いっぱいです

7pay は使わない PayPayとLINE Payとメルペイでお腹いっぱいです

 

f:id:hirokionlinex:20190705075144j:image

 

7Payがサービス開始早々に不正利用されたことがニュースになっています。

 

これは不可抗力でなく、完全にセキュリティの甘さで開発の不備のため、もう使いません。

 

あまりにも危機管理できてなさすぎなので、こんなリスク高いことをやる必要性がないからです。

 

無料のおにぎりは欲しかったです。セブンのおにぎりは最高に美味しいです。商品のクオリティはセブン最強です。

 

それとITサービスは別ですよという話です。

 

もうPayPayとLINE Payとメルペイで十分に生活が成り立っているのです。

 

日常の支払いはもうほとんどスマホのバーコード決済にしています

 

PayPayの100億円還元とかLINE Payの20%バックとかのキャンペーンもあって、すっかりバーコード決済を支払いのメインにしています。

 

たくさん良いところがあるのですが、とにかく身軽になりました。

 

サイフというのは重い、かさばる、無くしてはいけないというとてもプレッシャーのかかるアイテムです。

 

これから解き放たれた開放感はなかなかやめられません。

 

交通系の電子マネーもとても好きですが、それでもスマホと別でもつ煩わしさはあります。

 

バーコードなら通信とバッテリーさえ担保されていれば、基本的にはそれだけで成立します。

 

あらゆるポイントカードがスマホに吸い込まれたので、レジではスマホを出してお店やポイントカードのアプリを見せるのですね。

 

その上でまた別のモノを出すのは苦痛です。

 

この先すぐにポイントと支払いも一体化するはずなので、ポイントのバーコードと支払いのバーコードを両方見せる必要もなくなるでしょう。

 

これだけ使いこなしている私のバーコード決済ユーザーレビューを書いていきます。

 

PayPayのメリットデメリット

 

私はヤフーカードとワイモバイルユーザーなので、ソフトバンク系列のサービスとは相性が良いです。

 

Tポイントが貯まるので、Yahoo!ショッピングも使いやすいです。

 

そうなるとPayPayはYahoo!ショッピングでも使えてポイントバックもあるので、もっとも使用頻度が高くなっています。

 

こうした実生活との連動という点でPayPayは今後もソフトバンク系列のユーザーには使いやすくなるでしょう。

 

また100億円バラマキは置いておいても、ドラックストアのポイント還元などのキャンペーンも良かったです。

 

一方で支払いのときにタブレットを出してくるお店が多く、読み取りでピッとやって終わりでないことがあるのは不便です。

 

またキャンペーンでホークスの観戦チケットどうことかいうのも、関係無い自分にはシラケる材料です。

 

ポイント還元が遅いのもイマイチな点です。

 

LINE Payのメリットデメリット 

 

LINE Payはその圧倒的な使用頻度が強みです。

 

もはや日常においてLINEは切り離せないものなので、なんやかんや一日数回は使用するアプリになっています。

 

なので、支払いのときに「アプリどこいったっけ問題」がありません。

 

LINE ポイントも使えるのもいいです。

 

PayPayに合わせる形で(どちらが先か知りませんが)ポイントバックもやっていてお得です。

 

基本的にPayPayと使い勝手は変わらないのですが、私のライフスタイルの場合、PayPayがやや有利です。

 

支払いはLINE Payのほうが簡単な印象です。

 

メルペイのメリットデメリット

 

メルペイは少し違います。

 

まずメルペイはすでにメルカリで取引をしてきたユーザーの1番の問題を解決しました。

 

そうです。メルカリの売上を普段の買い物に使いたいという当たり前の欲求です。

 

これまでメルカリの売上の現金化には銀行口座への振替と、金額によっては手数料がかかりました。

 

従って多くのメルカリユーザーはメルカリの売上金で、メルカリの商品を購入していました。

 

会社としてのメルカリにとっては、全ての取引で手数料がとれるので最高です。

 

でも今回のメルペイはその利益の源泉を封印して、メルカリの売上を日常の買い物にできるようにしたのです。

 

これは支払い機能だけのPayPayやLINE Payと違って、稼ぐ機能と支払う機能を統一した画期的なアプリなのです。

 

メルカリユーザーにとってはメルペイ最高だと思います。

 

またメルペイの良いところはオリジナルのバーコード決済ではなく、既存のIDというシステムなので、お店がすでにその決済システムを採用しています。

 

こうなると、PayPayやLINE Payのように「このお店で使えるか不安問題」が解消されています。

 

そして一時期やっていたポイント還元のとき、PayPayやLINE Payがポイントバックは1ヶ月後とかの忘れた頃なのに対して、メルペイは翌日でした。

 

このポイント繁栄のスピード感は最高のサービスです。

 

人は実際のポイント額だけでなく、得した! という実感に喜びを感じるのです。

 

その喜びはきっかけとなったアクションから熱が冷めないうちにするのが鉄則です。

 

メルカリはユーザー体験価値を他社より考え込んでいるように見えます。

 

それでもメルペイではなくPayPayを使う理由

 

この書きっぷりですと、メルペイ信者かなと思わせておいて、冒頭の通りPayPayをもっとも使います。今のところTポイントによるお得感が強いためです。

 

でも基本的に1番お得な方法をそのつど選んでいます。

 

Amazonと楽天とYahoo!ショッピングみて、1番お得なとこで買うとの同じです。

 

いつまでTポイントが強いのかも分かりませんし。

 

7Payを使わない1番の理由

 

今回お騒がせの7Payですが、使わない理由は「すでに3つある」ということです。

 

3つまでなら比較出来るのですが、4つ目の選択肢はもはや荷物です。

 

同じようなサービスだと4つも比較したくないのです。

 

海外航空券だったら5社くらい根性で比較しても良いですが、コンビニの支払いだったらサクッと出したいのです。スピードこそが価値です。

 

毎日のお昼ごはんをセブンで買っている人は7Payでも良いかもしれません。

 

でもその人がメルカリユーザーならメルペイでもいいですし、LINE PayでもPayPayでも良いのです。

 

はっきりしているのは、先行の3社に対して、確実に後追いで焦ってリリースした7Payは不正利用されるリスクが高いし、その後の挽回策もとても期待できないボロボロの体制でやってますけど、使いますか? ということです。

 

無くてよいものが、品質が悪いのです。

 

7Payを使う理由はありません。

 

今後もキャンペーンに敏感に!

 

やはりこうしたサービス初期の競争を制するのは情報感度の高い人です。

 

PayPayとLINE Payとメルペイは併用しつつ、その時々で1番お得な方法で払えるように柔軟にオプションを持っておきましょう!

 

 

 

 

〈広告〉

 

〈広告〉

 

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.