パパの人生好転ブログ

娘、息子から尊敬される父になるためジタバタとチャレンジしていくブログです。

ジムのトレーニングに持っていきたい便利アイテム3選

ジムのトレーニングに持っていきたい便利アイテム3選

 

トレーニングのためにジムに通っていますと、いろんな人を見かけます。

 

モリモリにカラダを鍛えているボディビルダーのような人、ダイエット目的であろうママさん、部活動を頑張る学生さんなど様々です。

 

そんな性別も年齢もバラバラの人たちが集まるトレーニングジムですが、観察していますとなんとなく分かってくることもあります。

 

どんな人にとってもジムで役立つ便利なグッズを紹介していきます。

 

〈広告〉

 

 

トレーニンググローブ 怪我をしないことが大切

 

まずはトレーニンググローブです。

 

これはジムによりますが、マシンの握る箇所が金属であったり、ザラザラしていることがあります。

 

滑り止めの意味合いでは正解なのですが、これがコツンとあたると擦り傷になったりすることもあります。

 

また結婚指輪などをしていると傷つけてしまうことにもなります。

 

そんなときにトレーニンググローブをしていると安全です。

 

金属箇所に限らず、何かしら握ると、小学校の頃に鉄棒でよく出来たマメが出来ますが、そんな心配もありません。

 

また私はダンベルもよく使いますが、ダンベルを握る際にはグローブがあるのとないのでは、安定感が違います。

 

素手の人が多いですが、ジムでは絶対にグローブをしたほうがいいです。

 

軍手という手もありますが、ダサすぎてジムに行く気がなくなります。

 

そしてネットショップで「ジム グローブ」で検索すると、ゴールドジムとかの専用グローブとか出てきて、お値段がお高いです。

 

それにくらべて「サイクリンググローブ」はめちゃくちゃ優秀です。

 

自転車でこけたとき用の安全クッションはまさしくジム用のグローブレベルで、デザインも可愛く、お値段も安いです。

 

とくにぴったりと付けるグローブなので、中指に輪っかがついているデザインのものは、脱ぎやすくて便利です。

 


サイクリンググローブ 夏 3D 立体 サイクルグローブ 自転車 手袋 衝撃吸収 耐磨耗性 換気性 通気性 速乾性 滑り止め付き 男女兼用 (ブルー, XL)

 

 

トレーニングジムにプロテインを持っていくにはザバスのシェーカー

 

ジムでの筋トレといえばプロテインです。

 

プロテインは筋トレ後、30分以内のいわゆる「ゴールデンタイム」に摂取するのが、最も効果が高いと言われています。

 

そうなると、例えばジムと自宅が真横にあるとかではない限り、筋トレのあとにジムから帰ってきてプロテインを飲むというのは非効率で、トレーニング効果を半減させてしまいます。

 

ジムでいろんな人を観察していても、やはりモリモリ鍛えている人、パリッとした雰囲気でダイエットされている奥様などはプロテインを持ってきています。

 

トレーニング直後のプロテイン摂取の重要性を知っているのですね。

 

そうなるとプロテインをどうやってジムに持ってくるかです。

 

ホテルの高級ジムでは、トレーニングジム併設のプロテインバーなるものがあるらしいのですが、私はそんな素晴らしいものを見たこともありません。

 

庶民のトレーニングはお安く上手にやらねばなりません。

 

そうなると、やはりプロテインは大容量の粉末を買うことになりますが、これを何かジップロックみたいなものに小分けして持ち歩くのは面倒だし、カバン内爆発のリスクがあります。

 

そのためどんな筋トレイヤーもやっているのが、プロテインシェーカーにそのまま粉をいれてくる方法です。

 

これだとジムの冷水機や、冷水機がなくても、コンビニの水で飲む直前にプロテインを作ることができます。

 

コンビニの水はなぜか500mlのペットボトルよりも、2Lのペットボトルが安いです。

 

密閉性とサイズ感と値段でザバスプロテインシェーカーが好きです。赤は前に使っていましたが、ジムでかぶるので、黒にしています。

 

黒の方がちょっとカッコいいです。

 


明治 ザバス プロテインシェイカー (500ml) 1個

 

 

ジムで1番のマナーは汗を落とさないこと

 

ジムでスタイリッシュにトレーニングされている方に共通することは、かならずマイタオルを持っていることです。

 

そして、自分が汗をかいて気持ち悪いから汗を拭くのではなく、自分の使ったマシンが汗で汚れて、次の人が困らないかどうかを1番に考えています。

 

もちろんそれぞれのマシンにはミニタオルが備え付けてあって、それで拭けばいいのですが、本当におしゃれにトレーニングしている人は、そもそも出来るだけ汗を落とさないように気をつけています。

 

これは気持ちよくトレーニングをする上でとても大切なことです。

 

周りにいる人たちをリスペクトして、自分だけが楽しめれば良いというような考えを排除して、ジム内の秩序を高めます。

 

たまに、本当にたまに、汗ベトベトでマシンを使って、そのまま次のトレーニングに行ってしまうような人がいます。

 

ですが、そんな人でもだんだんと居心地が悪くなるというか、自然とマナーを身につけていきます。

 

それくらいベテランのおしゃれ筋トレイヤーはマイタオルの使い方が絶品です。

 

これは学生さんたちでも同じで、まだ10代と思われる子達でも中にはとっても丁寧に自分の汗をぬぐってから、マシンに触れる人がいて、こちらの身が引き締まる思いです。

 

大人は少しだけ上等のタオルを持つことがエチケットかなと思って、汗を吸うといえば、世界の今治タオルを使っています。

 

これからの季節に最高です。

 


hiorie(ヒオリエ) 今治タオル 認定 mist ミスト フェイスタオル 4枚セット アソートメント2色(グレー2枚+ブルー2枚) 日本製 透かし織 ボーダー 今治ブランド

 

まとめ

 

トレーニングジムには出来るだけ身軽に行きたいものです。

 

なんなら手ぶらでもいいくらいです。

 

でもほんの少し、トレーニングライフをハッピーに出来るお役立ちアイテムとして3つの愛用品を紹介しました。

 

とくにグローブはこれがないと怪我をして、しばらくトレーニング出来なかった経験から毎回使うようになったものです。

 

健康増進のためのトレーニングで、怪我をして不健康にならないでくださいね。

 

 

〈広告〉

 

 

 

 

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.