人生好転ブログ

キャリアと家庭円満の両方を手に入れる方法

おしゃれなトレーニングウエア ジムでかっこいい人が着ている服

おしゃれなトレーニングウエア ジムでかっこいい人が着ている服

 

筋トレのためにジムに通っていますと、その装いが様々で面白いです。

 

とりあえず自宅にある動きやすい服装で来ているオジサン、部活動のユニフォームで来ている学生さん、可愛いスポーツウエア出来ている若い女性など人それぞれです。

 

そんななかでもイケてるムキムキの男性は、やはりジムファッションもイケています。

 

そしてたまにいるおしゃれなオジサンもまた細マッチョであり、服もセンスあります。

 

筋肉をつける目的はなんでしょうか?

 

自信をつけたい、かっこよく見られたいなどいろいろありますよね。

 

服はある意味本当の格好良さかどうかは微妙で、ブランド物の服よりも、筋肉が欲しいというのが筋トレイヤーの本音です。

 

ですが、筋肉があって、最低限の身だしなみが整っているほうが、筋肉も喜びます。

 

ダサダサオジサンが身につけるべき、おしゃれなトレーニングウエアを紹介します。

 

〈広告〉

 

 

筋トレジムでのトレーニングウエアはアディダスを選べ!

 

トレーニングといえばやはりスポーツブランドです。

 

こだわり過ぎて、おしゃれなハイブランドなんか選んでしまうと、変な感じになります。

 

ですがもちろん安モノを選んではいけません。

 

とりあえずジム用に安いトレーニングウエアでケチったんだなという感じがモロに出ます。

 

そして国産ブランドはやめたほうが無難です。

 

私はフルマラソンを走るので、ランニングシューズはアシックスかミズノしか履きません。

 

それは品質がほかと段違いにいいからです。

 

でもブランド力が弱いので、ウエアまでアシックスやミズノだと、なんかダサいのです。

 

そこでオジサンにとって無難なところはやはりアディダス、リーボック、ナイキ、プーマあたりになります。

 

基本的にスポーツウエアの世界では、アディダスとナイキのツートップなので手に入りやすいです。

 

リーボックやプーマを選ぶと、安いかどうしてもこだわりのあるものかどちらかです。

 

どうしてもこれという理由がなければ、ジムオジサンはリーボックもプーマもやめた方がいいです。バーゲンセール汗と思われます。

 

そうなるとアディダスかナイキかですが、ナイキのほうがやや若い人向けです。なぜかというとアディダスはカジュアルラインのアディダスオリジナルスという葉っぱのようなロゴのおしゃれラインが若いおしゃれ層を取り込んでいるからです。

 

つまり、アディダスオリジナルスはかなりおしゃれでないと、ジムオジサンにはハードル高いです。(着こなしたらめちゃくちゃカッコいいです。)

 

そしてナイキも上手くやらないとジムオジサンにはバーゲンセール品に見えます。(着こなしたらめちゃくちゃカッコいいです。)

 

そんなアディダスオリジナルスとナイキのハードルの高さをぐんと下げてくれるのが、アディダスのスポーツラインです。

 

三本線で三角を表すほうのロゴですね。

 

これが絶妙にいいです。

 

ダサくないし、オレおしゃれでしょ? みたいな嫌らしい圧を感じません。

 

ジムオジサンが「おしゃれでしょ感」を出してきたら、こんなにダサいことはないのです。

 

ややオーバーサイズで着るのかポイントです。

 


[アディダス] トレーニングウェア MUSTHAVES グラフィックTシャツ [メンズ] FSR33 ホワイト (DV3085) 日本 J/XO (日本サイズ3L相当)

 

ジムファッションのボトムスはあえてのアンダーアーマー

 

ジムといえばアンダーアーマーといっても良いくらいに最近のアンダーアーマーユーザーは増えています。

 

ジムオジサンはウエアといえば基本的に上(Tシャツ)しか見てないので、下は全員パジャマみたいなやつです。

 

部屋着からランクダウンして、ジム着になるパターンです。

 

外着がランクダウンして、パジャマになるなら良いのですが、部屋着をランクダウンさせてジム着にしてはいけません。ジム着も外着です。

 

それくらいジャムオジサンにとっては、ズボンなど、身を隠してさえいれば役割を果たす服なのです。

 

ダサいですねー。

 

イケてる男子はトップスよりもボトムスにこだわるのです。

 

ムキムキの若者はTシャツこそオーソドックスなスポーツブランドのものでも、ハーフパンツはムラサキスポーツのようなエクストリーム系の店にあるサーフブランドなどを選びます。

 

もしくはパタゴニア、ノースフェイス、グラミチ、グラビスなどの山ブランドです。

 

しかーし、これをオジサンが選ぶと、おしゃれでしょ感がでるのでアウトです。

 

ジムオジサンのズボンの正解はアンダーアーマーです。

 

アンダーアーマーはこの10年くらいで一気に広がったブランドで、お値段も手頃です。

 

オジサンによっては、自分の若かったころのスポーツウエアをそのままジム着で来ている人がいます。

 

アンダーアーマーだと、最低限大人になってから買ったものだなという安心感があります。

 

そしてボトムスにあまりお金をかけ過ぎてないところも控えめでいいです。

 

でもテロンテロンの超安モンではなく、アンダーアーマーの中でもそこそこいい奴を選ぶのがポイントです。

 


[アンダーアーマー] スポーツスタイル テリーショーツ(トレーニング/ショートパンツ) 1329288 メンズ ADY/OXW 日本 LG (日本サイズL相当)

 

トレーニングジムこそソックスにこだわれ! CWXは最強!

 

さて、ジムウエアというと、上と下を選んだので終わりと思っていませんか?

 

靴以外にあと1つ周りの人に見える服があります。

 

そうです、ソックスです。

 

間違ってもいつものお仕事に行くときのソックスなど履いてはいけません。

 

ダサい上に仕事用のソックスまでも傷みます。

 

スポーツするにはスポーツ専用のソックスが入ります。

 

そして、こここそジムオジサンの底力の見せ所です。

 

ジムの中の誰よりも高級品を選ぶのです。

 

なぜか?

 

まず、靴下は臭くなるものです。

靴下が汚くて、良い印象の人はいません。

ましてや汗をかく運動をする場所です。

 

ではユニクロの3足千円でもいいのでは? となりますよね。

 

いいですよ。ユニクロでももちろんいいです。

 

でもそれではその辺のジムオジサンに差をつけることは出来ません。

 

パッと見たときに他の人より、ちょっとカッコいいなと思われたい訳ですよね?

 

若い人からあの人いけてるなという目で見られたいという気持ちでジムに来ていますよね?

 

それならソックスは一味違うものにすることです。女性や若い人は足元のおしゃれもよく見ています。

 

派手な柄モノは避けて、シンプルに清潔感のあるもので、色は白です。

 

そして臭わないのは5本指ソックスです。

 

最後に大事なのが、おしゃれでしょ? 感をださないことです。ロゴがバリバリに主張してないことです。

 

そうなると、白地にグレーのロゴは絶妙です。

 

品質もブランドも申し分のないCWXで、キメてください!

 

間違いありません。

 


[シーダブリューエックス] 5本指ショートソックス 抗菌防臭 (つま先・かかと) ユニセックス BCR610 ホワイト 日本 M (24-26cm) (日本サイズM相当)

 

まとめ

 

ジムで手に入れたいのはムキムキの体だけですか?

 

周りの人からの「かっこいいー」という評価もですよね?

 

それなら今からトレーニングウエアを変えましょう。

 

わざわざスポーツデポに行っている暇はないし、ご紹介したものがお店に揃っていることもなかなかありません。

 

今すぐ買って、次のジムトレの日には生まれ変わった状態で、エクササイズを楽しんでください!

 

〈広告〉

 

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.