人生好転ブログ

キャリアと家庭円満の両方を手に入れる方法

汗対策は洗顔シートとボディシートで決まり! GATSBY最強

汗対策は洗顔シートとボディシートで決まり! GATSBY最強

 

真夏を前に、すでに梅雨前でジワジワと汗をかいてきてますよね。

 

毎年のことですが、この汗の不快感といったらありません。

 

私の場合、悩みの1番は顔のギトギト感で、2番が脇汗です。

 

この対策に洗顔シートとボディシートを併用してかなり快適に過ごしてきているので、オススメを書いていきます。

 

〈広告〉

 

 

洗顔シートはギャッツビーフェイシャルペーパー

 


ギャツビー(GATSBY) フェイシャルペーパー スーパーリフレッシュタイプ 42枚×3パック メンズ 洗顔シート EC限定品

 

フェイシャルペーパーにもいろいろあるのですが、私が重視しているのが、拭くときの滑りの良さと、拭き終わったあとのサラサラ感です。

 

これでいくとこのGATSBY(ギャッツビー)のフェイシャルペーパーは最高です。

 

まず湿り気たっぷりで、手に取った瞬間から安心感があります。

 

セコいメーカーのフェイシャルペーパーだと、新品にもかかわらずカスカスのがあるのです。

 

ですから指でつまんだときに、すでに指先にジワっと水分を感じるあの感覚がすでに気持ちよいです。

 

そして顔を拭くときですが、1番はTゾーンと言われる額と鼻先で、そこの汗と油を根こそぎ拭き取ります。

 

こういうとき、自分の顔ではあるものの、鼻の油をゴッソリ掻き出したフェイシャルペーパーのその部分で、また頬や顎まわりを拭きたくはないのです。

 

そこで、裏返したり、開いて内側を使うのですが、そのときに肌触りが違ったり、破れたりするダメなフェイシャルペーパーもあります。

 

ところがギャッツビーはそれがありません。

 

裏返しても、内側に折り返しても、また新品を手に取ったときの快感のままに顔を拭けるのです。

 

つまり一回のペーパー洗顔で、1枚のペーパーで足りるのです。

 

これまでなんとなく物足りなくて、首回りや、耳の後ろなんかもしっかり拭こうと思うと、結局2枚使うことがありました。

 

ギャッツビーのフェイシャルペーパーはとにかく経済的なのです。

 

そして比べていただいたら分かりますが、ふつうにお値段が安いです。

 

42枚入りというだけでかなりお得ですが、その3パックなんて一回買ったら4ヶ月くらい持ちます。

 

買う手間までリーズナブルなギャッツビーは本当にオススメです!

 

 

ギャッツビーはボディシートもめちゃ優秀!

 

 


ギャツビー(GATSBY) アイスデオドラント ボディペーパー アイスシトラス 30枚×3パック メンズ 制汗 ボディシート EC限定品

 

 

顔のテカリとまた違って、脇汗もこの時期大きな悩みですよね。

 

汗っかきの人は脇に限らず、胸、背中とびっしょり汗をかくこともあります。

 

職場にシャワールームでもあればよいのですが、そんな訳にもいかず、タオルでなんとかごまかしてますよね。

 

そこでギャッツビーの登場です。

 

かつて私もフェイシャルペーパーをそのまま使って、トイレでコチョコチョっと脇汗を拭いたりしていました。

 

でもこれだとなんか違うんですよね。

 

フェイシャルペーパーはややしっとりし過ぎて、サラサラ感だけでなく、少し潤いを与える感じの仕上がりになるのです。

 

洗顔フォームとボディソープって似てるけど違いますよね。

 

そこでボディペーパーなんです。

 

フェイシャルペーパーよりも使ったことがある人は少ないみたいですが、一度使うとやめられません。

 

ボディシートはフェイシャルシートと違って、サイズが大きいです。2倍くらいあります。

 

そしてカタイです。ヨレヨレにならないようになっています。

 

基本的に着替えるときなど上半身裸の状態で、タオル感覚で首から胸、脇、腹、背中と拭く感じを想定して作られています。

 

カラダがかたい人は背中は結構難しいです。

 

あれ? っと思った方いますよね?

 

そうなんです。

上半身裸の状態で使うとなると、汗かいたなぁというオフィスでは使いにくいのです。

 

なので私のようにトイレに行って、個室に入ってさっとワイシャツのボタンを外して、肌着の中にボディペーパーを突っ込んで、わずか1分でガーッと身体中拭くという技を身につけていない人には難しいです。

 

ですが、私がそこまでのヘビーユーザーになるまでにそんなに時間はかかりませんでした。

 

なぜならこのギャッツビーのボディペーパーは使ってみたらその威力をすぐに体感できますが、カラダを拭いたあとから、なにか電気でも帯びたかのようにカラダがビカビカとし出すのです。

 

炭酸をまとったような、マリオのスターを取ったような、コンセントプラグを握ったまま水がかかってホネホネみたいな感覚です。

 

その爽快感たるや病みつきになるほどで、あの感覚を味わいたいと思ったら、お昼休みにちょこっとトイレでシャツ脱いでカラダを吐くくらい余裕です。

 

その後の仕事の快適感が全然違ってきます。

 

〈広告〉

 

 

まとめ

 

これだけコスパ高いQOL高める方法はそんなにないなっていうくらいオススメです。

 

ドラッグストアでもそんなに値段変わらないですし、まとめて届けてもらうのがカンタンです。

 

いろいろ種類ありますが、迷ったら「赤! 黒!紫!」みたいな強い色合いのものが効果も強いです。

 

ぜひこの夏は爽快感満載のオフィスライフを!

 

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.