人生好転ブログ

キャリアと家庭円満の両方を手に入れる方法

45歳早期退職(リストラ)時代と働き方改革時代の生き方

45歳早期退職(リストラ)と働き方改革時代の生き方

 

f:id:hirokionlinex:20190425081028j:image

 

大企業がこぞって早期退職を加速させています。

これまで以上に年齢や対象の幅を広げて、45歳以上なら誰でもみたいになっています。

 

かたや働き方改革でプライベート充実させましょうといいつつ、リストラなんかされたらワークもライフも一発崩壊やないかい! という笑えない状況です。

 

さてこんな時代を昭和サラリーマンはどうやって生きていけばよいのでしょうか?

 

意外にもそのヒントはリストラと働き方改革のどちらもにありました。

 

45歳早期退職が加速するのはなぜかを考える

 

大企業の45歳というのは昭和スタイルの仕事をしてきたラストイヤーの人たちです。

 

軍隊式の滅私奉公で、会社に入信した世代です。

 

今、世の中が変わり、どの大企業も文化を変えたい、風土を変えたいという状況です。

 

でも文化、風土を作っているのが45歳以上の古代の人たちです。

 

かつてメールを使わずファッスを使い続けていた人がいたように、SlackやLINEが早いのに頑なにメールを使い続ける人です。

 

かつて朝まで飲みニケーション! とかいう人がいたように、歓送迎会くらいは全員出席! とかいう人です。

 

かつて女性が毎朝男性にお茶を入れるのが当たり前という人がいたように、会議室の予約やセッティングは若手社員がやるのが当たり前とかいう人です。

 

ビジネスをやる上で現代の潮流を掴みきれていない人は、そこにいるだけで困るのです。

 

しかも大企業の給料形態は年齢で決まる要素が大きく、邪魔なのに高給というねじれ現象が起きます。

 

なので45歳以上というだけで、自分は邪魔な存在とわきまえるのがまず第一歩です。

 

ここまで読んで怒り出している人は危険です。

 

話を聞く耳を持たない人で、完全に邪魔な説教オジサン確定です。

 

「なるほど、自分も当てはまるな、変わっていこう」と少しでも感じた人はかなり有望です。

 

そんな素直なステキなモテるかっちょブーなオジサンはほぼ絶滅危惧種なので、一瞬でポジションとれます。

 

45歳以上で、若手に頭下げて、いろいろ分からないので教えてくださいって本気で学ぶ人は強いです。

 

パフォーマンスではなく、信念を持ってやったら、確実に若手よりも学ぶ速さ、深さはベテランの勝ちです。

 

何年かすれば若手に慕われる最強オジサンになって、超スーパーモテモテ人生になるポテンシャルがあります。

 

進研ゼミのマンガくらい人生好転します。

 

働き方改革でワークライフはバランスするのか?

 

働き方改革というと、残業減らそう、有給取ろうみたいな、まずは健康管理が最初に来ていますね。

 

自殺や病気や退職を減らすには基本的な健康経営は最低限です。

 

大事なのはライフがまともになったそのあとからで、育成とかイノベーションとか、成長できる、やりがいを感じられる、仕事を楽しむということが必要になってきます。

 

逆説的ですが、人生を仕事に捧げてきた人よりも、プライベートが充実している人の方が、仕事のクオリティが高い時代になりました。

 

言われたことを機械的にやる人はいらなくて、新しい価値を生み出して広められる人が求められています。

 

そういう人って、家庭や趣味や職場の外での充実がそのまま仕事に跳ね返っている感じです。

 

すでにバブル期から社外の人脈こそ大事とか言われてましたけど、今は本当に毎日社内の人と飲んでる人なんて詰んでます。

 

毎日18時からやりたくてやりたくて仕方ないことがあったら、日中本気で集中するし、工夫して効率的な段取り組みますよ。

 

週末めちゃめちゃ刺激的な挑戦してる人にあったら翌日からモリモリにやる気でて、がっつり本業に熱が入りますよ。

 

ただ漫然と通勤して、なんかそれっぽいことこなして、ほどよく一週間すごしたら月に一回給料もらえるとかほぼ奴隷と同じです。

 

ワークをライフの一部分と捉えて、ワークだけの世界じゃない場所がある人が、毎日の人生を楽しんで生きているし、リストラされないスキルとネットワークも持つ総取りの時代になっているのです。

 

昭和オジサンは具体的に何すればいいの?

 

まずリストラのとこで書いたように、若い人に頭下げて教えてもらうという姿勢を持てたら、すでに一歩リードしています。

 

何もできないのに説教たれてる人とかマジで殺意抱かれてますよ。

 

若い人と楽しく話せるオジサンなんてめちゃカッコいいですよ。頭下げた分だけ慕われます。

 

ワークライフバランスの方は根が深い問題で深刻です。

 

ワークイズライフで働くことだけで生きてきた人たちです。

 

こういう人たちはいきなり夢中になる趣味探せとか仲間見つけろなんて言われても不可能です。

 

そんな行動力あればやってるので。

 

で、ワークアズライフというステキな言葉があります。生きるように働くというヤツです。

 

仕事とプライベートを分けないで、今自分が生きている中でやることは全部ライフで、全部楽しむ!

 

なので仕事も生きることの一つとして、好きなことにする、好きなことをするというものです。

 

だから仕事の文句とか愚痴とかは禁止です。

しかめっ面も禁止です。

とにかく徹底的に仕事の良いところに目を向けるのです。

 

すると自然に笑顔になって肩の力が抜けていくはずです。

 

そうすると世界が変わって見えて、なんだか他にもやりたいことが湧き上がってくるかもしれません。

 

リストラに怯えながらイライラして、働き方改革に抗う人生と、そりゃリストラだってあるよねと笑い飛ばしながら、今この瞬間好きなことができる働き方改革時代に感謝しながら生きるのと、どちらの人生を選びますか?

 

どちらの選択もあなたが自分で決めることができるものです。

 

まとめ

 

理想論タラタラ書きやがってとストレスを感じた方もいるでしょう。

 

私が元々そういう人間だったのでよく分かります。

 

でもエグいパワハラで人生ぶっ壊されてから、いろいろあって考え方も変わりました。笑)

 

私は本気でどんなときでも余裕で笑い飛ばせる人間になりたいと思っています。

 

人生を損得で考えた時に、笑ってる時間が多い人の方が得だなと思ったのです。

 

怒ったり、イライラしている間はずっと損してるなと思ったのです。

 

リストラに不安がないわけではないし、働き方改革の全てが良いとも思わないけど、そんなことどーでもいいから、自分は今日という日を気持ちよく笑顔で生きたい。

 

そうやって人生を好転させていくブログです。

 

あなたはどんな毎日を送りますか??

 

 

〈スポンサーサイト〉

 

 

 

 

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.