パパの人生好転ブログ

娘、息子から尊敬される父になるためジタバタとチャレンジしていくブログです。

スタディサプリを続ける3つのコツ

スタディサプリを続ける3つのコツ 

 

f:id:hirokionlinex:20190424075801j:image

 

ウチの上の子は今年小学4年生になりました。

 

1年生、2年生のころは余裕だった勉強も3年生になってから、ややつまずきポイントが出てきたようです。

 

お友達は公文にいったり、塾に行き始めているようです。

 

我が家は経済的な理由で、月額980円のスタディサプリしか選択肢がありません。

オンライン学習は自主継続が最も難しいことです。

 

我が家は3つの戦略的アプローチで、毎朝授業動画に没頭させることが出来ています。

 

ひとつひとつご紹介していきます。

 

スタディサプリを続けるコツ その1 (マイタブレットを渡す)

 

我が家では小学校の低学年まで、スマホやタブレット類を子供に与えませんでした。

 

もちろん親のものをときどき触ることはありましたが、親の見ている前で少し触る程度です。

 

そしてDSもSwitchもありませんので、基本的にデジタル機器は触れる機会がありません。

 

たまにMacBook ProでMinecraftはやっていますが、それくらいです。

 

そうして「タブレットほしい」欲を溜めて溜めてのFireタブレットです(笑)

 

アマゾンスーパーセールで¥4000の、何のアプリもダウンロードしていない素のタブレットです。(笑)

 

大人だったら、こんなんいるかい! ってなるような代物ですが、小学生にとっては宝物です。

 

これでスタディサプリを見られるようにして、毎朝、学校に行く準備が出来て、家を出るまでの時間だけ使ってよしというルールでプレゼントしました。

 

やっているのはスタディサプリですが、娘は自分のタブレットを待っているという所有欲とこれまで触らなかったタブレットが使えるという喜びで噛り付いています。

 

オンライン学習ならではのハードに夢中にさせるのが一つ目のコツです。

 

スタディサプリを続けるコツ その2 (Fireタブレットを渡す)

 

もしもスタディサプリをさせるのにiPadなんか渡そうもんならYouTube地獄にハマります。

 

大人でもちょっと集中力切れたらすぐにSNSやYouTubeをみてしまうので、子供に自己管理せよというのは無茶な話です。

 

最初から機能の限られたハードを渡すのが重要です。

 

Fireタブレットだとスタディサプリのアプリのダウンロードさえもできないので、ブラウザで立ち上げてみることになります。

 

使いにくいです。使いにくいからこそ、スタディサプリ専用端末として機能するのです。

 

我が家では親の個人スマホと家族用のiPadがありますが、子供がiPadを占拠したら嫁さんがカリカリし出すので、子供専用のハードがあるのが平和です。

 

スタディサプリを続けるコツ その3 (好きな動画を好きなだけ)

 

スタディサプリはカリスマ講師陣の充実した授業動画を見られる素晴らしい教材です。

 

その昔、東進ハイスクールではVHSのビデオカセットを全国の教室に置いて、その中にあるカリスマ講師陣の映像を見るのに、1授業あたり2000円くらいとっていました。

 

今ではそれが自宅で何百動画みても月額980円です。

 

私はかつて進学塾で講師をしていたので、ある程度自分の子供の知識レベルと動画のレベル感のマッチングが出来ます。

 

なので、毎朝「おとうさんの選んだ今日の3つの動画」の中から、娘に好きなものを選んでもらうようにしています。

 

こうしたゲーム感覚の親子のコミュニケーションを挟んでいかないと、完全に機械任せの教育になってしまいます。

 

そうして親も伴走していることを分からせた上で、好きな動画を好きなだけ見て良いことにしています。

 

好きなだけというのは、短くてもいいという意味でもあります。

 

まだまだ投稿までに時間があり、たまたまとても短い動画を選んだときに「せっかく時間あるからもう1本動画みたら?」というのは絶対にいいません。

 

早く終わったら、早く終わったら分の嬉しさがないといけないからです。

 

遊びたくて宿題を早く終わらせたのに、「早く終わったらもう1ページやったら?」と言われたら、次から出来るだけゆっくりやります。

 

ダメ社員の仕事のやり方です。

 

効率的に早く終わらせたら、そのことが報われなければいけません。

 

まとめ

 

スタディサプリは間違いなく地元の学校の先生の授業よりも、クオリティの高い授業を教えてくれます。

 

地元の先生にも頑張ってほしいところですが、バラツキがあるのは変えようのない事実です。

 

いろんな教え方があることを子供には知ってほしいです。

 

学習塾のように一緒に学ぶ仲間がいないと自力で継続するのは難しいです。

 

ですから、学校でも塾でもない新しいカテゴリとしてのオンライン自宅学習というスタイルを親が取り入れるのです。

 

ポイントは続けられる工夫をどれだけ出来るか、そして、子供の顔をどれだけみてあげられるかです。

 

塾への往復の時間、高額の授業料ももったいないですが、親が子供と共有できる「時間」というものが、オンライン学習の1番の良いところです。

 

お子様の顔をしっかりみながらやるスタディサプリ、おススメです!

 

<AD>

スタディサプリ中学講座

 

 

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.