人生好転ブログ

キャリアと家庭円満の両方を手に入れる方法

ビジネス実務法務検定に2週間で合格した勉強法

ビジネス実務法務検定に2週間で合格した勉強法

 

f:id:hirokionlinex:20190806102635j:image

 

先日、ビジネス実務法務検定なるものを受検しまして合格いたしました。

 

法律に関しては素人ですが、本格的な勉強は2週間で合格できましたので、比較的効率よく対策出来たと思います。

 

今後、受検される方の参考に勉強法をご紹介します。

 

ビジネス実務法務検定3級の勉強スケジュール

 

私が受検したのは12月でしたが、本格的に勉強を始めたのは11月の終わりです。

 

これは仕事が特別忙しかったからとかではなく、単にやる気が起きなかったからです。

短期集中タイプの方には共感いただけるはずです。

 

ビジネス実務法務検定試験の3級はすべてマークシート問題です。記述問題はありません。

 

ビジネスパーソンとしての業務上理解しておくべき基礎的法律知識を有し、問題点の発見ができる。(ビジネスパーソンとして最低限知っているべき法律実務基礎知識を想定)

 

主催者も「基礎知識」と言う通り、かなりの領域が国語力でカバーできます。

 

そういう訳で私は法律の知識を高めることよりも、まずはこの試験に合格することを目的に定めました。

 

検定試験は合格しなければ意味がないので、不合格だったけど、勉強になったので良しというのはあり得ません。

 

試験を受けると決めたならば、明確に合格をターゲットとしてコミットしなければいけません。

 

私のやった勉強スケジュールはこちら。

 

パラパラと過去問を見る

5日で公式テキスト読み込み

5日で公式問題集3回

4日で過去問4回

 

私は運良くこの勉強スケジュールで合格できましたが、合格が絶対ミッションという方はこちらをオススメします。

 

4日で過去問4回

5日で公式問題集3回

5日で公式テキスト読み込み

5日で公式問題集3回

4日で過去問4回

 

私は1カ月もやる気がもたない性格なので短期決戦に掛けましたが、仕事上必要とか、合格すると職場から報奨金でるとかなら、1ヶ月スケジュールでやったと思います。

 

ビジネス実務法務検定のポイントは過去問

 

スケジュールでお分かりの通り、最後に過去問を解きまくっています。

 

これは過去問の傾向がかなり似ているということから、本試験も極めて過去問に近いと予測したためで適中でした。

 

過去問をやると自分の得意な項目と苦手な項目とがはっきりしてきます。

 

得意を伸ばすか、苦手を伸ばすかは賛否ありますが、これは合格しなければ意味がない検定試験なので、強化すべきは「苦手分野」です。

 

なぜならば得点を高める伸び代が多いエリアだからです。合格率を上げるには苦手な単元を集中強化するに限ります。

 

過去問と問題集をやるだけでも合格する人はいると思いますが、私はテキストの読み込みもやりました。

 

穴埋め問題が多いのですが、専門用語がよくでます。加えて専門用語っぽいけど、そんな法律用語ありませんよというひっかけ用語も問題にでます。

 

したがって、テキストを読み込んで、見た記憶のないような用語が選択肢に出てきたら無視することが出来ます。

 

またテキストを読まずに問題だけ解いて試験に挑んでも、最後の一問で迷ったときにたどり着く脳の奥の記憶がありません。

 

私も実際の試験中に4つの選択肢の中から1つを選ぶ問題で、2つまでは絞れるのですが、その2つからどちらを選ぶか迷う場面が何度かありました。

 

そんなときにやってきた勉強を思い出そうとして、よみがえるのはテキストの文言です。問題集の練習問題ではありません。

 

いくら合格が目的とはいえ、迷ったら②が正解が多いといった機械的な攻略法は、私には分かりません。

 

最後に勝負を分けるのは細部のツメなので、短期決戦でもテキストを読むことをサボるのは合格を遠ざけます。

 

ビジネス実務法務検定試験の当日の流れ

 

意外と老若男女いろんな人が受けています。

 

2時間の時間制限で早い人は1時間以内で帰っていきます。

 

私はみっちりゆっくりしっかり読んで解きましたが、1時間30分で終わりました。

 

TOEICのように時間が足りないような試験ではないので、時間を測って問題解くような練習はいりません。

 

じっくり考える時間があるので、不安な問題は後回しにして、わかる問題から確実に解けば良いです。

 

問題は持ち帰れますので、答えを記入しておいて、帰って自己採点しましょう。

 

当日中に予備校などのウェブサイトで親切に回答速報がでます。

 

合格発表は約1ヶ月後にウェブ上であるので、気長に待つのみですが、自己採点で70点あるかないかで決まります。

 

配点は問題用紙に書いてあるので分かりやすいです。概ね1点か2点なのでどの単元を集中して勉強すれば高得点とかはありません。

 

前述のとおり苦手な単元を強化することで得点を積み重ねてられる確率は高まります。

 

 

まとめ

 

そもそもビジネス実務法務検定試験って合格して何になるの? という問題があるくらいマイナーな検定試験です。

 

多くの検定試験は自己啓発という名の自己満足なので、目的は自己を満足させることです。

 

そのためには合格しかありません。

 

法律の基礎を学べればいいやという言い訳はやめましょう。

 

あなたがこの試験を受ける目的は合格だけです。そのことは忘れないでください。

 

勉強のやる気が無くなったときも、合格のためにやっていることを思い出してください。

 

言い訳する自分を変えましょう、逃げる自分を変えましょう。

 

自己満足の検定試験を受ける目的は、合格とともに頑張る自分、出来る自分を手に入れるものです。

 

やるからには絶対に合格するつもりでやりきりましょう。

 

ビジネス実務法務検定試験3級はそれが出来る難易度の試験です。

 

皆さんのチャレンジを応援しています。

 

 

 

【店内全品5倍】ビジネス実務法務検定試験3級公式問題集 2018年度版【3000円以上送料無料】

価格:2,592円
(2019/1/14 09:13時点)
感想(0件)

ビジネス実務法務検定試験3級公式テキスト 2018年度版[本/雑誌] / 東京商工会議所/編

価格:3,024円
(2019/1/14 09:14時点)
感想(0件)

法務教科書 ビジネス実務法務検定試験(R)3級 テキストいらずの問題集 2019年版 (EXAMPRESS) [ 菅谷 貴子 ]

価格:1,836円
(2019/1/14 09:14時点)
感想(0件)

 

www.hirokionline.net

www.hirokionline.net

 

 

 

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.