パパの人生好転ブログ

娘、息子から尊敬される父になるためジタバタとチャレンジしていくブログです。

書評『説明の順番』田中耕比古著 めっちゃ参考になりました!

書評『説明の順番』田中耕比古著 めっちゃ参考になりました!

 

一番伝わる説明の順番 [ 田中耕比古 ]

価格:1,512円
(2018/12/21 18:30時点)
感想(0件)

タイトルの通りの本なのですが、オーソドックスなこと書いてると思いきや、よくよく読むとこういう言語化っていままでなかなかされてこなかったんじゃね? っていうくらいスッキリ入ってくる良書です。

 

「考えた順番」と「説明する順番」は違う  

 

時系列という発生した順番に物事を説明する方法があります。

 

それ自体はひとつの切り口で分かりやすい側面もありますが、大事なポイントが最後の方に出てくる場合は非効率です。

 

そのためにポイントとなるところから始める説明をする人が多いのですが、たいていその人が話したい順でつまり「考えた順」なのですね。

 

これに対して「相手の聞きたい順」を考えるというのがこの本の主張です。

 

これってまさしく顧客思考で、お客様に説明という商品を納品するにあたって、もっとも良い品質はなにかと考えることができたなら、きっとお客様が求めている内容で、端的で、分かりやすいものとなります。

 

そうであるならばあらゆる情報は相手が知りたい順にデザインされているのが良いのは明らかで、納品する側が伝えたい順ではだめなのですね。

 

相手が聞きたい順というのは必ずしも基準が一定でもないですし、昨日は重要な順だったけど、今日は急いでいる順のときもあります。

 

いろんな可能性を考慮して相手の欲しがっている説明とは何か? を考え尽くして、いくつかのオプションを用意しておくくらい、考えるクセがあると良いのでしょう。

 

顧客思考というのはブログでももちろん必要なスキルなので気をつけておきたいです。

 

相手の知りたい説明と自分のしたい説明のギャップを考える

 

自分が説明したいことというのはある程度まとめることが可能です。

 

にもかかわらず説明をすると「この人わからない人だなぁ」とイライラすることがあります。

 

それは相手の理解力がないこともありますが、説明している側の提供情報が不足していることもあります。

 

このようなギャップをなくすには、やはり自分の説明したいことばかりで頭がいっぱいではダメです。

 

伝えたい相手がどんな説明を期待しているのかを考え尽くして説明をしなければいけません。

 

相手があまり知識のない人ならイチから丁寧に伝えないと分かりませんし、逆に専門家に基礎から説明しても時間の無駄です。

 

また相手がどんな人かを深く知ることでツッコミどころもあらかじめ準備出来ます。

 

説明したいときには、何を伝えたいのかとともに、誰に伝えたいのか、その相手と自分の中にあるギャップは何かについてしっかり考えて説明するのが重要です。

 

説明の情報をまとめる技術

 

最初に時系列はダメと書きましたが、じゃあどうすりゃいいの? という人はまずは時系列でも考えた順でも経験した順でもいいので全て情報を書き出します。

 

次に自分が伝えたいことを赤ペンなどでマーキングしていきます。そしてマーキングした箇所をカタマリとしてグルーピングしていきます。

 

そのカタマリを文章として書き起こします。そらからそれらのカタマリをどう並べるか、つまり説明の順序を決めます。

 

こうすることで頭の中でごちゃごちゃと浮かび上がってきたアイデアや興奮状態で湧き出てくる伝えたいことを一旦冷静に客観視できます。

 

ポストイットなどに書きまくってベタベタと並べていくと、その後に客観的に見ながらカタマリを作りやすいです。

 

こういう情報の整理整頓、編集という一手間が伝える相手に対する説明のわかりやすさという品質になるのです。

 

まとめ

 

言われたらそうだよねってことをサラリとした文章で書いていますが、さすが『説明の順番』なんてバードル高いタイトルで本を出すだけあります。読んで損なしの一冊です。

 

とにかく相手に対してどれだけ思いをはせることができるか、これって説明や仕事に限らず全ての人間活動に関わってきますね。

 

面倒臭いといってサボってきた痛いとかを突かれた感じです。

 

これでやんなきゃ本当のサボりなので、しっかりと身につけてレベルアップしたいものです。

 

 

 

www.hirokionline.net

 

 

www.hirokionline.net

 

 

www.hirokionline.net

 

 

www.hirokionline.net

 

 

www.hirokionline.net

 

 

 

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.