パパの人生好転ブログ

娘、息子から尊敬される父になるためジタバタとチャレンジしていくブログです。

メンタリストDaiGoさんの超集中力を実践する ①

メンタリストDaiGoさんの超集中力を実践する ①

 

メンタリストDaiGoさんの本がかなりいいなと思っておりまして、それは多くの自己啓発書が応援歌なのに対して、DaiGoさんは行動ガイドになっていて、具体的に実践できるところです。

自分を操る超集中力 [ メンタリストDaiGo ]

価格:1,512円
(2018/11/28 21:50時点)
感想(14件)

 

特に『超集中力』という本で実践効果が高い行動が詰め込まれていたので、数回に分けて書いていきたいと思います。

 

メンタリストDaiGoさんのポモドーロテクニック

 

まず『超集中力』で私が最も実践効果が高いと感じたポモドーロテクニックです。

 

これは集中力が持続する時間が短い人にオススメされている方法でまさしく私にぴったりです。

 

作家フランチェスコ シリロ考案の方法でとてもシンプルです。

 

取り組むべきタスクを短い単位に分割し、25分の集中と5分の休憩を繰り返すというものです。

 

スマホのタイマーで時間計測し「もう少しやりたかった」というところで休憩します。

作業に飽きる前に休憩することで、再開後にスムーズに集中状態に入れます。

 

集中することはたった1つ

 

「締め切り効果」「デッドライン効果」などと呼ばれますが、アドラー心理学では「今この瞬間を生きる」ことが提唱されています。

 

目の前の作業に集中すると人が本来持ち得る力を最大限に発揮できるのです。

 

ですからこの25分は1つのことに集中します。

 

他のことをしないというルールを守るだけで、集中力が必ず高まります。

 

一見無駄のようにも思える休憩をとって作業を中断することで、25分の集中タイムに一気に片付けるほうが効率的なのです。

 

この集中と休憩のリズムが体に馴染んでくると、成果が出せるようになってきます。

 

ポイントは25分でやれることをリスト化しておくことです。

 

DaiGoさんの超集中力の良いところ

 

このポモドーロテクニックの良いのはやる気→行動ではなく、行動→やる気という実践しやすい原理に基づくところです。

 

作業途中で休憩して、作業に戻るとやる気が出ているのです。

 

休憩中に無意識にさっきやっていたことを考えているため、アイデアがでたり、作業が早くなったりします。

 

そうして自分が変わったという手応えはモチベーションになります。

 

ですから作業は途中でも時間になったら休憩し、休憩中は瞑想や散歩をして、決断や判断をしないことが大事です。

 

DaiGoさんの本質的なメッセージ

 

最も私が感銘を受けた箇所は以下。

 

『自分が何にどれくらい集中できるのか無自覚な人があまりにも多い』

 

『目標設定と集中力の関係を把握できていないことに問題があるのに、終わりの見えない作業を処理しようとして、後悔が残る。

 

「自分の集中力とその接続時間」という表現もしっくりくるコトバだなぁと気持ちよく脳に響きました。

 

まとめ

 

私はこのポモドーロテクニックを忠実に守って、25分+5分というサイクルを回して、少しずつですが、確実に成果を積み上げられています。

 

どんどん意識して、自分にとってのベストな集中時間をみつけ、自分をコントロールしたいです。

 

 

自分を操る超集中力 [ メンタリストDaiGo ]

価格:1,512円
(2018/11/28 21:50時点)
感想(14件)

人生を思い通りに操る 片づけの心理法則 [ メンタリストDaiGo ]

価格:1,404円
(2018/11/28 21:51時点)
感想(5件)

倒れない計画術 まずは挫折・失敗・サボりを計画せよ! [ メンタリストDaiGo ]

価格:1,512円
(2018/11/28 21:52時点)
感想(1件)

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.