人生好転ブログ

キャリアと家庭円満の両方を手に入れる方法

キングコングというお笑いコンビがテレビで成し得たこと

キングコングというお笑いコンビがテレビで成し得たこと  

 

f:id:hirokionlinex:20190323205356j:image

 

キングコングの西野さんがデビュー当時にいかにして戦略的に漫才をやったのかということを書きましたが、多くの芸人がネタで売れてもテレビで売れるとは限りません。

 

オリエンタルラジオは武勇伝で売れたあとに冠番組を何個も持って、そして何個もなくなりました。吉本興業のイメージではキングコングのときのように次々とヒット作を世に出すと思われたのでしょう。でもオリラジはそうはいきませんでした。

 

なぜキングコングはテレビでもデビュー直後から売れたのでしょうか?

 

はねるのトびらという柱があって、役割を受け入れていた

 

「はねるのトびら」はめちゃイケの前身の「とぶくすり」のようにコンセプトがはっきりしていませんでした。とぶくすりは岡村隆史の神輿を全員で担ぐとか、ナイナイのフォローは極楽とんぼに任せろ! といった野球のようなフォーメーションが出来ていました。ところが「はねるのトびら」は全員が攻撃で守りもするサッカータイプの番組でした。

 

ここで西野さんは堤下さんと共にメインMCとなりますが、高校を出たばかりで下積みなしなので、まずテレビ番組を回すようなスキルはありません。実はのちにオリラジが失速したのもここが原因なのです。でもはねるのトびらはフジテレビが社運をかけていたので、深夜の東京ローカルから、関西へ拡大、ゴールデンへというめちゃイケパターンの夢を描きました。

 

それはなぜか?

 

番組の成長フェーズにはねるのトびらメンバーの努力が乗っかり、メンバーのレベルアップと共に番組も成長するという理想的な展開になったのです。オリラジは10カラットという番組で同じような役割を求められましたが、ハリセンボンなどがいたにもかかわらず、完全にオリラジ頼みになっていてあまりにもキツイ環境で上手くいきませんでした。

 

西野さんはお笑いをやりたくて飛び込んだ世界なのに「はねるのトびら」では、まじめに普通のことを言って、ボケまくる共演者を生かす回し役に徹するという戦略をとったのです。(実際はおしりを出したかった。揺り戻しで今頃おしりばっかり出してる)

 

当時の西野さんは関西ローカルの番組でもロケでさえ手を抜かずに下積み時代にするはずのスキルアップをレギュラー番組に出ながらにして並行して行っていました。テレビに出ながら漫才のネタも考えていたというのも有名な話です。

 

このおかげでキングコングというコンビのボケとツッコミの役割分担もクッキリと色分けがなされて、人によっては(とんねるずとか)「はねるのトびら」を「(ボケの目立つ)梶原くんの番組」という言い方さえしていました。すなわちメインMCなのに西野さんはとにかく目立たないようにしていたのです。

 

西野さんは「はねる」というホームグラウンドをベースに、コント番組、音楽番組、料理番組、討論番組、ロケ番組、ネタ番組、ラジオとなんでもありで、冠番組も次々とやりました。

 

「笑っていいとも」もあるし、「オールスター感謝祭」のマラソンでは優勝するし、「かくし芸大会」でピアノ弾くし、それはもうマリオがスター取ったときのような全力の追い風が吹いていました。

 

salon.otogimachi.jp

 

爆発的な売れ方に満足しなかった西野亮廣さんの情熱

 

西野さんがよく言う「はねるのトびらがゴールデンに上がって、最高視聴率をとったのにスターになってなかったから、テレビを減らした」というのは戦略家の最強コメントなんです。

 

戦略というのは戦(いくさ)を略すと書きます。戦いを減らして勝つ方法を選ぶものです。当時のキングコングはテレビタレントとしての認知度と収入がありました。圧倒的に世の中で勝っていました。

 

でも西野さんはテレビタレントをやっていたらいきたいところまで行けないと、レギュラーを半分以上減らして(それでもしばらくは6本とかは残るレベル)製作作業にパワーシフトします。

 

これって経営視点そのもので、見ている世界が先過ぎるので、今いる場所があまりにもそのゴールから遠い景色にみえるのです。それもありありと見えていたのです。

 

それまではやるべき努力の方向性を見極めていたし、そこに投下する体力も集中力も信念も自信もあったんです。それを戦略通り全部手に入れたけど満足しなかったんです。

 

西野さんは「上にはさんまさんやタモリさんやダウンタウンさんがいてスターになってなかった」という言い方をよくしています。でもあれは分かりやすいように説明しているだけで、本心はその全員を圧倒的に追い抜いて、世界で1番になろうとしているのです。

 

だから「日本のテレビでゴールデン最高視聴率なんて楽勝でクリアしたから、次のチャレンジにシフトするぜ」くらいのことなのです。

 

キングコングがテレビから消えた後のお笑い

 

前述の通り、次々とテレビから姿を消したキングコング西野さんは漫才の舞台をベースに、演劇脚本を書いたり、独演会をしたり、若手とライブハウスに出たり、対談をしたりと個人の活動を加速させます。

 

テレビでのキングコングのあの華やかな感じ、あのスマートな感じ、あの可愛い感じは全てオリラジが引き受けることになりました。そして彼らはテレビから望まない消え方をしました。キングコングとオリエンタルラジオで音楽番組をやっていたこともあります。なんと半年でおわりました。(その時に西野さんはギターを買わされた!)

 

でも西野さんはオリラジが大好きで、今も弟分のように愛でています。こういう人柄がとても素晴らしいのです。そしてオリラジも何度も何度も復活する最高のお笑い芸人です。今ではサーカスからオンラインサランまで中田さんはすっかり西野ファミリーです。

 

はてさて、西野さんがテレビを減らした後は絵本を書いて数冊は売れなくて、小説をかいて、ブログを書いて、またM1にでて、トークライブやって、すべらない話でて、YouTubeやって、映画もドラマもやって、家買って、車あげて、小谷さんとかヤンくんと住んで、いろいろやって、結局はNGKで梶原くんと漫才やってって感じですね。

 

本質的にはずっと戦略家として、同じことをやっています。他の人がやってないことをやる、得意になったら捨てる、誰よりも先にやる。インターネットを武器にした西野さんの強さは説明できないくらいのバケモンになりました。キングコング西野さんはテレビの先に行っていただけのことです。

 

えんとつ町のプペル[本/雑誌] (児童書) / にしのあきひろ/著

価格:2,160円
(2018/7/22 20:52時点)
感想(0件)

 

なぜ? 西野亮廣さんはあんなにもいじめられていたのか?

 

キングコングは芸人の主戦場がテレビでなくなることを早くから嗅ぎ分けてYouTubeで自分たちのオリジナルコンテンツを配信して、今やネットを使わせたら右に出る芸人はいません。

 

テクノロジーの進化と共に未来の変化を予測して、行動を起こしてきました。普通、ビジネスの世界ではこういうリスクテイカーは賞賛されます。チャレンジャーは応援の対象です。

 

叩かれるのは態度が悪かった若かりし日のホリエモンくらいのもので、基本的には人間はチャレンジに寛容です。

 

でも西野さんは違いました。品川さんの後を継ぐかの如く炎上芸人として市民権を勝ち得ました。ある程度は初期は宣伝になったのでしょうが、あそこまで長引くネガティブキャンペーンになるとはは予想外だったでしょう。

 

なぜひな壇にでないのか? 勝てないから

 

このひな壇でない、大喜利やらないという苦手なステージでの戦いをはぶくシンプルな戦略を国民がボコりまくったのは日本の猟奇的な部分が出た一つの事件だと思います。みんなが言ってるから言っていいんだといういじめの構造と同じです。

 

西野さんがやったグラウンドファンディングをこじき行為とぶっ叩いた人の中には、今になってポルカやってる人いると思うんですよね。

まぁ西野さんもときどき芸人交換日記みたいに失敗もしちゃう可愛さもあるんだけど(笑)

 

グッド・コマーシャル (幻冬舎よしもと文庫) (文庫) / 西野亮廣/〔著〕

価格:648円
(2018/7/22 20:54時点)
感想(0件)

これからのキングコング

 

西野さんは漫才で売れて、テレビで売れて、絵本で売れて、ビジネス書で売れて、オンラインサロンで売れました。大きく5回売れています。

 

この先に映画とか、ウェブサービスとかでも売れると思います。さらにその次のチャレンジでも人より先に行ってしまうことでしょう。

 

それでもキングコングとして舞台に立ち続けて漫才師であり続けるのだと思います。それはビートたけしから北野武となり世界をとった先輩芸人さえもなしえなかったことです。

 

最後まで現役で芸人として舞台にあがり、そして世界もとる。これが西野さんが我々に見せたい未来なのではないでしょうか。

 

梶原さんもゴルファーからえみちゃんねらーを経てのYouTuberという楽しい人生になってきています。きっとこの2人のコンビでまた戦略的に面白いことをやってくれると思います。

 

Discover Japan 2017年2月号 【表紙&特集】 西野亮廣から、未来の日本のヒントが見える。[本/雑誌] (雑誌) / エイ出版社

価格:780円
(2018/7/22 20:55時点)
感想(0件)

 

おまけ

 

西野さんの男前エピソードですが、ABCお笑い新人グランプリを受賞した翌年、昨年のチャンピオンとしてネタをする際に骨折して漫才ができない梶原さんを置いて、なんとピンでネタをやりきった西野さん。普通は出ないか、骨折をネタにした漫才でかわすでしょ? このプロ根性には参りました。

 

 

The Lost Treasure 失われたアルアコの秘宝 時を経て再び巡り会う運命のカカオの物語/小山進/にしのあきひろ

価格:1,728円
(2018/7/22 20:58時点)
感想(0件)

 

www.hirokionline.net

 

 

www.hirokionline.net

 

 

www.hirokionline.net

 

 

salon.otogimachi.jp

 

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.