パパの人生好転ブログ

娘、息子から尊敬される父になるためジタバタとチャレンジしていくブログです。

サラリーマンパパの在宅勤務は現実的なのか?

サラリーマンパパの在宅勤務は現実的なのか? 

 

台風が来ていて

電車も動かないので

本日は在宅勤務とまります

 

基本的に出張先でも

仕事ができるように

パソコンは持ち歩いてますし

スマホでデザリングも可能です

 

もちろん自宅でも

電源を自腹で払っている点は

しゃーないとして

 

ネットワーク環境に関しては

なんの問題もなく

仕事はできます

 

テレワーク時代に

遅れをとっていることは

ありません

 

在宅勤務は可能か? やってみてわかったこと

 

出張先のホテルでも

新幹線でも

 

かなり集中して仕事出来るので

わざわざ通勤してまで

オフィスにいかなくても

 

というのはよく分かります

フリーランスの方々が

通勤地獄がなくて

サイコー!

とかいうのも分かります

 

でも

現実問題として

子育て世代のパパリーマンにとっては

自宅ほど仕事にならない場所は

ありません

 

フリーランスの方のように

毎日ご自宅でお仕事をされていたら

家族もそれが当たり前という

カルチャーが出来ています

 

でも

サラリーマンのパパは

家にいるということが

子どもにとって遊べるときなのです

 

そして私の場合は

さらに悪いことに

私も子どもと遊びたくて

しょーがないタイプなのです

 

ですから

自宅にいながら

パパと遊びたがる子どもをほって

仕事をするということは

何重にも輪をかけた

大地獄なのです

 

在宅勤務は小学6年生までの子どもがいる家に限るというナゾ規定  

 

変えようとしてますし

台風などは別ですが

 

私の所属する企業では

在宅勤務ができるのは

こどもが小学生以下であることが

基本条件で

月間8回上限です

 

これは働くママを想定して

設定された制度と思います

 

多くのパパは

1歳までか5〜6年生なら

在宅勤務可能でしょうが

 

それ以外の期間は

確実に仕事になりません

 

パソコンを破壊される

リスクさえあります

 

それもかなりの高確率であります

 

スカイプ会議なんてしてたら

ノリノリで

幼稚園児が映り込んで

不適切な発言をするに

違いありません

 

在宅勤務は毎週のようにやらないと成立しない

 

私なりの結論としては

在宅勤務は

家族にとって

当たり前になるまでやって

 

初めて成立すると思います

 

ただ私のように

家では子どもと遊びたい場合は

基本的にその日は休みます

 

在宅勤務するくらいなら

休んだほうがいいです

 

わざわざ職場にこなくても

できる仕事があるように

 

わざわざ在宅でやらなくても

休んでもたいしたことないのが

仕事です

 

私にとっては

子どもがいるのに

遊ばないで

自宅でも仕事してるほうが

問題です

 

今後毎週のように

在宅勤務となるならば

私も考える余地はあります

 

仕事しながら

プロレスをするくらいの

能力をつけることは

やればできると思います

 

まとめ

 

在宅勤務の制度があって

やってみたいパパは

どんどんやればいいと

思います

 

私がもしも

単身赴任もかなら

金曜と月曜は在宅勤務にして

火水木だけ出勤します

 

そうすれば週の半分以上

家族と過ごせるので

楽しい暮らしが出来ます

 

出張みたいなもんです

 

これからいろんな働き方が

できるようになっていくと思いますが

 

その全てを無条件に受け入れるわけでもなく

もちろん否定することもなく

 

自分が最も幸福な生き方は何か

という自分の軸で

生活を

働き方を選んでいきたいです

 

パパのテレワークが

ハッピーでありますよーに!

 

 

 

 

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.