パパの人生好転ブログ

娘、息子から尊敬される父になるためジタバタとチャレンジしていくブログです。

森岡毅さんのマーケティングは組織革命という考え方を働き方改革にとりいれる

森岡毅さんの「マーケティングは組織革命」という考え方を働き方改革にとりいれる

 

マーケティングとは「組織革命」である。 個人も会社も劇的に成長する森岡メソッド [ 森岡 毅 ]

価格:1,728円
(2018/8/20 11:14時点)
感想(2件)

 

職場で働き方改革を

主導しているのですが

 

自分の中の本質は

業績の向上であって

利益の最大化なので

 

働き方改革は

目的だとは思っていません

 

ですが

流行っているので

働き方改革という

キーワードを利用しながら

 

業績の向上を

目指していきたいと思っています

 

さて

そんな都合のいい話なんて

あるのか?

っていうことなんですが

 

大尊敬する

森岡毅さんの本の中身を

 

全面的に

実行していけば

少なくとも

悪くなることは考えにくいです

 

方法論はどの組織でも

似たようなものだからです

 

大事なのはやり切る熱量で

そのためにも

森岡さんが憑依するくらいに

ガッチリ森岡さんの思想を

自分の頭にカラダに

染み込ませようと思います

 

森岡毅さんのマーケティングへの熱意を自分にインストールする

 

USJ再生の方法論ではなく

現在コンサルをされている立場の

森岡さんの信念の部分を

改めて読み込んで

自分の行動規範にしたいと思います

 

ブランドや企業が今の社会において、どういうたたずまいのものであるべきなのか

 

佇まいなんて考えたことなかったです

 

自分の仕事は社会に

安全を提供するものなので

比較的目的は明確ですが

 

たたずまいってなんなんだろうと

考えたときに即答できないです

 

法人なんだから

もし人だとして

どんなキャラクターとして

存在していたいのか

 

真面目キャラはカンタンだけど

愛されにくいことを

わきまえておかないとなー

とか考えますね

 

今ある前提を疑いながら、社会との位置関係や距離を自分なりに把握します。

 

前提を疑うっていうのは

使い古されすぎるくらい

よく言いますけど

疑ってそしてどうするの?

 

については

あんまり考えてれてないですね

 

斬新なアイディアとか

今までにない発想とか

漠然とした話にしかなりません

 

社会との位置関係とか距離っていうと

なるほどって感じがします

 

こういう着眼点の言語化って

とても難しいので

ありがたいです

 

本質価値は何か。それは行きつくところ企業の一番の強みであるはずで、僕が新しくつくるものではありません。

 

これはコンサルとしての

森岡さんのお立場の話しで

裏を返すと私が事業会社の中で

やるべきことそのものを

端的に表されています。

 

本質価値を明らかにして

それに社員を向かわせるということです

 

 

悩んでいる企業の多くは、本来の強みを見失っていることや、変化する社会に対して本質価値がうまくフィットしなくなっていることが多いと思います。

 

私の場合は

変化する社会に

フィットしなくなっている

というのがズバリという感じです

 

 

ですから、まずは本質価値を見定めて、それをクリエイティブの力で少し別の方向に引っ張ったり、ポジションを動かすことで、今の社会にハマるところを見つけてあげる。

 

これは!

 

今後の未来に向けて

大きな力を与えてくれる一言です

 

フィットしていないならば

少し別の方向に引っ張ったり

動かすことでポジションを見つける

 

これは企業でも

その中の小さな組織でも

個人でもあてはまる

面白くて夢のある発想です

 

大切な言葉として

覚えて実践していきます

 

企業に特徴がないことはほとんどない

どうすべきかではなくて、どうしたいか

そこを一緒に整理しましょう

 

この役割は事業会社のなかで

組織や個人に対して

自分ができるアプローチそのものです

 

 

どういう体制でどこまで投資できるか

やり切る体制になっていますか

試行錯誤したプランも実行されないと価値はゼロ

持続可能なマーケティングノウハウを企業に移植していく

 

これを丸々やってみます

 

魚を取ってくるのではなく、釣竿をあげて魚の釣り方を伝授する

 

森岡さんの代名詞のキラーフレーズです

かっこいいので

そのままパクりますが

要所要所で

©️森岡毅というのは

アピールしていきます!

 

 

世の中の価値観として

どこに重きが置かれているのかを常にウォッチして、

自分の感性の解像度をどれだけ高くできているかを意識する

小高い丘の上から大きい川の流れを見ているイメージで客観視できる

 

完成の解像度とか言ってみたいです

こんなステキな言い回しを

生み出せるような働き方に

憧れます

 

是非とも今日から目指したいと思います

 

ほとんどの企業は3つくらいのシンプルな解決策で目的達成できる

 

一瞬

 

一瞬ですが

 

「そうかなぁ?」

 

とか超生意気な気持ちになりました

 

こういう何も考えないで

直感で否定するというのが

どれほど愚行かわかっているはずなのに

もう本当に申し訳ありません!

 

3つくらいのシンプルな

解決策を見つけようと

していないから

こんな陳腐な発想になるのですよね

 

特にコミュニケーションは歴史ある企業ほど考える必要がある

 

大きな声で

森岡さんに聞こえるように

「そう思いマーーース!」と

叫びあげたいです

 

テクノロジーを駆使して

あらゆる方策を

取り入れまくっていきます

 

 

言わない美徳は存在していないのと同じ

 

これも同じくらいの声の大きさで

「そう思いマーーース!!」

 

売るためにどうすべきかを真剣に考える、そこが鍛えられる機会がなかった

 

最後のメッセージとしてこの一言なのですが

これをみとめないと始まりません

 

売るために

どうすべきかを

真剣に考える

 

というのが若手の第1ステップ

 

そこが鍛えられる機会をつくるのが

管理職のするべき

第2ステップ

 

でも

管理職が

第1ステップでつまずいてますね

 

そこから

一つ一つ

地道にコツコツと

やっていきます   

 

 

まとめ

 

ビジネスに秘策も奇策もありませんが

やみくもに努力すればいいというのではなく

方向性の正しい必要な量の努力があります

 

それを踏まえた上で

優しく教えてくれるのが

森岡さんです

 

頑張ります

 

 

働くお父さんお母さんたち

一緒に頑張りましょう!!!

 

 

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.