パパの人生好転ブログ

娘、息子から尊敬される父になりたいと思い立って、なりふり構わずジタバタとチャレンジしていくブログです。

サラリーマンが有給休暇をとる方法はマインドを変えるだけという話

サラリーマンが有給休暇をとる方法はマインドを変えるだけという話

 

夏休みで毎日ウチで

ゴロゴロしている娘から

 

「お父さんの夏休みはどうして1週間しかないの?」

 

と聞かれました

 

そこで

 

「会社で決まっている夏休みは

 1週間だけど、お父さんは

一年間に20日も好きなときに

休んでいいんだよ!」

 

有給休暇というものの

存在を説明してみました

 

どうだ! こんな素晴らしいシステムは

学校にはないだろ? と

 

完璧な切り返しで

「決まったぜ! 」と思いました

 

すると

娘がおもむろにカレンダーを

取り出してきて

 

赤いペンで

いろんなところに

丸をつけ始めました

 

 

「はい、お父さんが休む日決めたよ」

 

 

「この中でどうしても連休にしたい日は

    特別に変更を認めます」

 

え?

 

なんて?

 

一瞬

「おいおい簡単にいうなよ」

と思いましたが

 

完全に娘の思考が正常です

 

娘の元々の質問のウラには

もっとたくさん一緒にあそぼーよー

という思いが込められていたのです

 

今さっき

自分の口で

 

お父さんは一年に20日

好きなときに休んでいいんだ!

 

これは学校にはない

特別なシステムだ!

 

どーだ すごいだろ!

 

といったばかりです

 

もしここで

 

「でもね、実際は20日とれないものなんだよ」

 

なんて言うと

 

論理破綻しすぎていて

え? なんで? という

質問というよりも

 

なんやと? 嘘ついたんか?

 

という信頼関係に

関わる事件に発展します 

 

娘がカレンダーに丸をした行為は

グローバルスタンダードなもので

 

日本のおじさんサラリーマンだけが

未だアップデートされていないのです

 

昭和思考だからこんなことになるのです

 

もう平成も終わりなので

 

宣言!

 

今年は有給休暇を完全消化します!

 

これまで有給休暇を取れてきたか?

 

はてさてその目標は達成可能なのか?

 

私は15年前の新入社員のころから

かなり有給はとってきました

 

すでにそのころには

有給とりましょう

残業減らしましょうという

 

社会の波はやってきていて

そこそこの規模の企業では

組織としてその動きはありました

 

でもやれても年間15日とかでした

 

会社のルールで20日完全消化を

義務付けていないと

なかなか達成できる人は

少ないのが現実です

 

私もコンプリートできたことはありません

 

ここから有給完全消化までにやることとは?

 

年間15日というのは

月に1.5回くらいで達成できるので

企業にその風土があれば

出来ないことはないです

 

風土があっても

周りの目が気になるとか

代わりに仕事をする人に悪いとか

いろいろ気を使うことはあります

 

でも

分かりました

 

私が最初にした発言が全てです

 

年間20日認められているのだから

年間20日取得するのです

 

休みを取っても

仕事を終わらせていれば良いだけ

 

周りの休まない人に

気をつかうとか

空気を読むとか

媚びへつらうというのは

無用なのです

 

自分の評価をする

上司がいい顔をしないという理由で

休まなかったこともあるのですが

 

そんな評価なんてどうでもいいし

それで低評価になるなら

その程度の組織を

自分が選んだというだけのことです

 

そんなレベルの上司と

心中してはたまりません

 

クビ上等で

いつでもどこでも生きていける

そんな力をつけるためにも

 

きっちり休みを取っても

フルパワーで

サラリーマン生活を

謳歌するのです

 

テクニックで有給をとるのは

本質的には休んでないので

 

自由なココロと

確実な休みを手に入れます!

 

目指せサラリーマン 2.0 !

 

今日も良い日でありますよーに!!

 

 

 

〈広告〉

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.