子育てパパ37.5歳の人生逆転ブログ

娘、息子から尊敬される父になりたいと思い立って、なりふり構わずジタバタとチャレンジしていくブログです。

子どもが自分から勉強する子になるためにパパママができること

子どもが自分から勉強する子になるためにパパママができること

 

子どもがぐんぐんやる気になる魔法の声かけ【電子書籍】[ 西村則康 ]

価格:1,080円
(2018/6/30 15:32時点)
感想(0件)

 

子どもが勉強を自分からやるときって

どんなときだと思いますか?

 

気分のいいときとか

できるという自信があるときですよね

 

大人のように

必要に迫られてとかではないので

学校に行っているんだから

勉強するのが当たり前という

考えを持てる子どもはなかなかいません

 

こんなときは西村先生の

金言を参考にさせていただきましょう

「ちいさくてもいいから成功体験を重ねさせる」

 

自信を持つには

やっぱり成功体験ですね

これは大人でも同じです

 

簡単なことでもいいから

達成感、充実感を味わえること

快感となってまたあの感覚を

味わいたいという

 

絶品料理を食べた後のような

そんな感触を持ってもらうことですね

 

「簡単なのはテストの点をあげる」こと

 

大人の成功体験というのは

なかなか機会もなく

レベル差もあるので

 

失敗の多い職場の若い子に

成功体験を味わってもらおうと思っても

そんなに簡単に自分の力で

勝たせてあげられる場面はありません

 

これはマネジメントの

腕が問われるポイントです

 

これに対して子どもの場合は

テストの点が上がればいいので

実は結構簡単です

 

あまり頻繁に使うのは

良くありませんが

子どもが自信を失っていたら

 

大人なら分かる

簡単に点が取れるポイントを教えて

自分でもやれたという

感覚を感じさせてあげるのも

アリかもしれません

 

「一歩のぼるごとに心からほめる」

 

簡単な方法で自信をつけたら

その後はそれをその子の実力

その子の頑張りであることを

強くメッセージで伝えることです

 

君ならできるよ

君には力があるよという

アジテーションは

子どもにはとても効きます

 

自分はできるのかもしれないな

と思い込ますことが出来れば

あとは子供でも自走していきます

 

大事なことは「心から」というところですね

形だけ褒めても人間なんで気づきます

 

本気度を見せてくれる人に

心を開くのは

大人も子供も同じです

 

「〇〇しないと困るよ ではなく 〇〇するといいことがあるよ」

 

勉強しないと困るよ

テストで悪い点を取ると困るよ

いい学校にいかないと困るよ

 

などとネガティブなワードで

脅迫しても

「なんで?」という

こどものシンプルクエスチョンで

パパ一蹴です

 

最初から「なんで?」と

聞かれない形で説明しないと

単に説明の下手な人です

 

こんなダメな親の話を聞いてたら

アホになってしまうわと

子どもに呆れられてしまいます

 

勉強することが

やりたいことを実現させる力になること

幸せな人生を送るのに役立つこと

を分かるように伝えられないといけません

 

「快感を得る勉強」

 

パパの私が高校生の頃に

部活動の顧問の先生に言われたことがあります

 

ガッツポーズのとれる人生を送ろう!

 

この言葉を伝えてくれた当時の先生は

今の私よりも若いかもしれません

 

自然に身体が動いて

ガッツポーズをとるというのは

最高潮の快感を得ている瞬間です

 

スポーツのように

身体で喜びを表現しやすい場面では

大人でもたまにガッツポーズが

出るかもしれません

 

でも普段の生活で

ボディアクションの少ない日本人が

ガッツポーズを自然にしていることって

あるでしょうか?

 

褒めるよりも、なるほど! と

分かる瞬間の快感

 

自然に身体が動いてしまうほどの快感を

味わってもらえれば

それが人生の醍醐味です

 

今日もなりふり構わず

必死で元気に子育てしましょう!

 

すべてのパパママが

笑顔で爆笑する1日でありますよーに!

 

 

 

 

<スポンサーサイト>

polca.jp

〈広告〉

polca.jp

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.