子育てパパ37.5歳の人生逆転ブログ

娘、息子から尊敬される父になりたいと思い立って、なりふり構わずジタバタとチャレンジしていくブログです。

子育てマインドフルネス 「すべてを吸収するように人の話を聴く」 をやってみました

子育てマインドフルネス 「すべてを吸収するように人の話を聴く」 をやってみました

 

「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門/ジャン・チョーズン・ベイズ/高橋由紀子/石川善樹【1000円以上送料無料】

価格:1,728円
(2018/5/19 21:00時点)
感想(0件)

優れた心理療法士たちは、吸収するよう「話を聴くことをふだんからやっています。相手の声音や声の調子のかすかな変化にも注意を向けます。言葉に表れない何か、言葉とはうらはらの本音、こだわり、秘めた悲しみや怒りなどが表れていることがあります。

法廷弁護士など、敵対的雰囲気の場で働く人は、その反対の訓練を受けています。相手の話の中に何かしら欠陥や矛盾を探しながら聴くのです。

自宅で妻や子どもたち、とりわけ10代の子どもなどを相手にしたときには、とうていうまくいくとは思えません

 

私はもともと営業マンで

世界中の技術者を相手にしていましたから

まさしく弁護士のように

相手の話から

矛盾を探すことのプロでした

 

論理的に成立しないポイントを見極めて

徹底的にそこを攻めるということを

生業としていました

 

もちろんそんなコミュニケーションは

自分たちのチームや

家族には通用しません

 

仲間には寄り添い共感して

手を取り合ってきました

 

でもやっぱり

日常のほとんどを

勝つための思考で生きていますから

家族や友達、チームにおいても

論理破綻は気がつきます

 

時にはそれを指摘してしまうときもあります

それがうまくいかないことは

火を見るよりも明らかですが

もうこちらとしては

職業病みたいなもので

自己コントロールが効きません

 

そんなとき

心療内科の先生の

保健師さんの

とてつもない温かい

コミュニケーションに触れて

 

人間ってこれだよな

 

と確信した記憶があります

 

交渉における論理矛盾は

いつかAIが

人間よりも早く正確に

掴むようになるでしょう

 

AIがココロを癒してくれることも

あるとは思いますが

そこは生身の人間が

有利なところにちがいありません

 

そしてAIに負けてはいけない

ところでもあります

 

でもそれはさぁと

反対の意見を言いたくなる場面でも

すべてを吸収するつもりで

とにかく聞くというのは

新しい気づきを得るうえで

1つ大きなスキルでしょう

 

小学校のころ

全身耳

という言葉を教わりました

 

あれは先生がこどもを

コントロールするためもあったでしょうが

今聞くと納得感があります

 

聞くことで

フラストレーションが溜まることも

あるでしょうが

どんなことでも聞いてみようと

最初から決めておくと楽ですよね

 

工夫して楽しい暮らしを

手に入れましょう!

 

 

 

<スポンサーサイト>

〈広告〉

polca.jp

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.