パパの人生好転ブログ

娘、息子から尊敬される父になるためジタバタとチャレンジしていくブログです。

子育てマインドフルネス 「イヤだ」という気持ちを意識する をやってみました

子育てマインドフルネス 「イヤだ」という気持ちを意識する をやってみました

 

「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門/ジャン・チョーズン・ベイズ/高橋由紀子/石川善樹【1000円以上送料無料】

価格:1,728円
(2018/5/19 21:00時点)
感想(0件)

たとえ世界中のすべてを自分にとって完璧な状態にできる力をもっていたとしても、その状態はおそらく一瞬しかもちません。

 

当たり前のように職場にいって

給料をもらって仕事をしていると

イヤだということは悪である

という価値観が形成されます 

 

そのままこどもにも

イヤだということは

悪であるという教育を

なんの疑いもなく

やってしまいます

 

でも好きなことがあり

好きでないことがある 

やりたいことがあり

やりたくないことがある

という真実のほうが

どう考えても自然です

 

イヤなことも

やらなければいけないときも

ときにはあるでしょうが

イヤだということが

無条件で悪なはずがないのです

 

イヤなことをするから

お金がもらえて

イヤなことをするから

生きていける

 

という昭和時代の

考えているほうが

よっぽど生きていけません

 

イヤなことはやらず

やりたいこと

好きで好きで仕方ないことを

探し出して

それを

突き抜けたところまで

仕上げて

生きていくのが

正解です

 

そのためにも

イヤだという

自分の素直な反応に

耳を背けてはいけません

 

むしろ

その声には

積極的に耳を傾けて

心の声を

キャッチしなければ

いけません

 

自分がなにに負担を感じるのか

どんなときに苦しいのか

なにに疲れるのか

を意識するのは大切です

 

その逆も考えるようになり

自分にしかない 

カスタマイズした

最適な生き方が見えてくるはずです

 

好きなことがわからない人は

まずはイヤなことをやめていく

 

残ったことの中で

疲れないことが

自分では気がつかなかった

あなたの好きなこと

得意なことである

可能性があります

 

イヤだという気持ちを

消したりしないで

ガッチリと受け入れて

なんだったら

嬉しいサインと思いましょう

 

イヤなことの

反対を攻める

そんな選択肢を与えてくれます

 

今日も健やかで穏やかな1日を!

 

 

<スポンサーサイト>  

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.