人生好転ブログ

娘、息子から尊敬される父になりたいと思い立って、なりふり構わずジタバタとチャレンジしていくブログです。

こどもがうまれて出費が増えた! お金のお悩みを解決する3つのアドバイス

こどもがうまれて出費が増えた! お金のお悩みを解決する3つのアドバイス

 

f:id:hirokionlinex:20180604210921p:image


子育てで出費が増えたという

お悩みに対しての3つのアドバイスです

 


まず1つ目はこちら


徹底的にお金の出入りを記録しよう


出費が増えて大変だ

という人のお悩みは

自分が持っているお金以上に

出ていくお金が増えている

ということです


ものすごいたくさんのお金があれば

いくら出て行っても構いませんし

逆に出て行く量が少なければ

必要な量も少なくてすみます


ですがそれまで

あまり使ってこなかった人でも

子供が生まれることで

使うお金は増えていくものです


出費がとてもかさむ

と感じる大きな理由は

子供を育てるのに

一体どれぐらいのお金が必要か

というのが具体的に想定しにくい

という理由もあります

 


子供を育てる際にかかるお金は

年齢や人数によって変化します


ですから特に重要なことは

これからどれぐらいのお金が

必要になるのかを

具体的に予想して

その未来を先回りして

準備していくということです


そしてその未来を予想する1番の方法は

現時点で必要なお金の使い方を

きちんと把握することです

 


子供を育てるときに

一定の必要なお金というのは

確かにありますが

やはり人によって

どこにどれだけのお金をかけるかは様々です


ご自身に合ったマネーライフを

きちんと知るためには

まずは自分自身が

一体どれぐらいのお金を使うのか

というデータを

きちんと揃えていくことです

 


そうはいっても毎日毎日の

家計簿をつけていくのは面倒臭いことです


ですからマネーフォワードのような

アプリを使うなり

LINEペイのような

電子マネーを使うなり


出来る限り手間を省く工夫も

やっていくことが重要です


そうすることで

実際に入ってきているお金に対して

何が出ていっているのかというのが 

明確になるはずです


そしてふたり目のお子様がいる場合は

概ねひとり目で掛かった金額が

目安としてデータで見えてくるはずです

 


お金には限りがあります

そして数値で具体的に見ることができます


どれだけ入ってきてどれだけ出たのか

というのは正しく記録すれば

間違うことはありません

 


子育て世代に限らず 

お金の管理はとても重要なことなのですが

社会人になって給料もらい出すと

それまで手にしたことがないような

高額のお金を毎月のように

手にすることができ

どんぶり勘定になってしまうことがあります


子供がない時代に結婚した共働き夫婦は

世帯収入としては非常に金額が多く

生活費もあまり必要ありません


その時にパパママ双方が

自分のお小遣いとして

かなりの金額を取り込んでしまうと

その後の子育て期にも

どんぶり勘定が続くことがあります


子育て期に入り

ママが働けなくなったときに

パパの収入のみで

家族全員を上手にコントロールしていく

そういうリテラシーが

とても重要になるのです

 


ライフスタイルの変化に対して

正しく向き合っていくには

明確に数値でデータ化していく

ということが大事です


なんとなく足りてない気がするとか

そうは言っても何とかなっているんだろう

といった危険な思い込みで

気がついたら赤字家計になってしまう

という大変なことが起こるのです

 


次に2つ目のアドバイスです

 


出血を止めよう!

 


出費が多くかさむと感じるの時点で

出ていくお金が非常に大きくなっています


この出血の量を

コントロールする必要があります


どうしても

ひとり目の子育てというのは

わからないことがあって

思っていたほど使わないようなものを

買ってしまったり

もっと良いものがあって

同じようなものを

買い足してしまうことがあります

 


そうした子育てで必要な買い物も

新米パパママには学習です


そうした出費に対する

スタディーを次の子育てでは

改善点として盛り込めるように

していきたいものです


独身の頃はちょっと合わない

洋服を買ってしまったら

失敗しちゃったなで

終わっていたかもしれません


子育て世代は1つのお買い物の失敗が

積み重なって命取りになることがあります


ちょっとした洋服の買い物の

話だけではありません

 


食べ物1つとってもそうです

いろんな行事や習い事といった

大きなお金の際にも

慎重に検討して

いくつもの選択肢を比べて

きちんと家族で話し合いを持って

お金を使う決断をする


そういう暮らしが必要になってきます


夫婦のコミニケーションの中でも

とても重要なことです


お小遣いに関していうと

男の人の方が非常にルーズなところがあり

子供ができても自分のライフスタイルを

簡単には変えたくない

という男性もたくさんいます


そうした男性の言い分というのは

子育て期は仕事面でも重要な年代で

お付き合いなども増えるので

そのためにお金が必要になるということです


もちろんそれは間違っていないのですが

それに一体いくらかかって

子育てのためにいくらかかって

その総合計がきちんと収入の中に

収まっているのかどうか

という検証をなさずして

その話し合いをしても意味がありません


これは夫婦間の力関係の問題もありますが

持っていない以上のお金を

家族で使っていくというのは

経済活動として完全に破綻しています


親として子供を育てる責任が

果たせているとはいえません


子供の育てるために必要なお金の使い方を

早いうちに気がついてもらう必要があります

 


それでは最後のアドバイスです


収入を増やそう!

 


最後のアドバイスは

入ってくるお金を増やすという方法です


これに関しては間違っても

1番始めのアドバイスと

同じレベル感で話をするわけにいきません


なんとなくこのアドバイスが

1番嬉しい回答であろうことは

どんな人でも想像がつくことです


でも簡単にお金を増やせる方法があれば

子育ての出費の悩みなんていうものは

あっという間に解決してしまうのです


しかしながら

そのような魔法の方法というのは存在せず

基本的にはあるお金を正しく使う

その1つの誰もが知っている法則に

真剣に向き合うことが大前提です


ですが昔の子育てをしていた

親の世代とは違います


現代の中では必ずしも

会社勤めをしなくても

収入を得る方法はたくさんあります


逆に会社員として仕事に出ていて

大部分の時間を奪われてしまっている

パパよりも

ある程度子育てが落ち着いて

子供が小学生くらいになっている

ママの方が

新しい収入の切り口を

見出せる可能性があるのです


どんな方法ができるのかを

きちんと慎重に考え抜いて

正しい方向で増やしていただきたいです


例えば

これから確実になくなっていく

であろう仕事の

スーパーのレジ打ちのような仕事を

パートタイムで選んでしまうことは

オススメできません


昔はスーパーのレジ打ちを

ものすごいスピードでできる

お母さんというのは

あらゆる流通の場面において

重宝されていたかもしれません


ですが今それをスキルに

自分の収入を安定化させる

というのは不可能に近いと思います


そうであるならば

インターネットを使った

ビジネスをするもよし

アンケートサイトで

ポイントを稼ぐもよし

不用品をオークションサイトで売るもよし

必ずしも労働との対価でなければ

お金を稼ぐことができない時代では

なくなったことを意識していただきたいです


ここで言うお金と言うのは

子育ての出費を

補えるほどのものではありません


まずはほんのちょっとの

おやつを買える程度の

お小遣いレベルの話です


ですがなぜこれが大切かと言うと

これからこうしたお金と働くことの

変化はスピードが上がって

止める事はできないからです


たとえ小額であったとしても

いろんな方法でお金を稼ぐと言うことを

チャレンジしておくことは

その後の子育てにも効いてきます

 


まとめ


お金は出ていって入ってきてを

高速で回していくツールです


貯め込んでもいけませんし

入るものがなくてもいけません


毎日時間が流れるように

お金も気持ちよくそのフローに

乗せていきたいものです


子育て世代のお金のフローは

ゆるやかに加速するもので

減速することはまずありません 


ですから初速を緩めることで

加速幅をコントロールするのです

 

それでも止まらない加速分を

給料以外の2本目、3本目の

収入の柱として

ゆるやかに育てていくのです


それは

パパママが自身の人生を

生きるということでもあります

 


楽しく気持ちよく

でもチャレンジもする

エキサイティングな子育てライフを

応援しています

 

www.hirokionline.net

 

 

www.hirokionline.net

 

 

www.hirokionline.net

 

<スポンサーサイト>

〈広告〉

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.