子育てパパ37.5歳の人生逆転ブログ

娘、息子から尊敬される父になりたいと思い立って、なりふり構わずジタバタとチャレンジしていくブログです。

必見! 自由な時間がないママが時間を作る3つの方法

必見! 自由な時間がないママが時間を作る3つの方法

 

f:id:hirokionlinex:20180603013544p:image


子育てをしていると

本当に

トイレに行く時間もないくらい

自由な時間ってありませんよね

 


ママたちにとって

子育てとは

ほんの一瞬

息つく間もないほど

時間との戦いだと思います

 


どんな人にも

時間は24時間しかありません

 


ではそんな大忙しのママが

効率的に時間を生み出すには

どうすればいいのでしょうか?

 


まずひとつ目の方法です

 

こどもと一緒に寝てしまわない!

 


子供と一緒に寝ることによって

奪われている時間を活用する方法です

 


子供がお昼寝をする時間というのは

ぐったりしているママにとっても

体を休める重要なチャンスです

 


でもここで一緒に寝てしまうと

ママがひとりになれる時間がありません

 


夜中でも赤ちゃんは

頻繁に起きていますから

ママがぐっすり眠れる瞬間というのは

子供が幼稚園なるくらいまでは

ほぼないものなのです

 


そうなってくると

大切にしたいのは

日中の昼寝の時間

 


この時間にお子さまと

一緒に眠ってしまうママは

その習慣をまずは変えてみましょう

 


夜寝る時間になってひとりになれても

その時間でできることでは限られています

 


やはり日中の外が明るい時間に

どうしてもやりたいこと

というのがあるはずです

 


パパには良く分からないことですが

ママは1日の段取りを

ずっと考えているので

今しかできないことを

知っているのです

 


それを実現させるのは

時間を有効活用する工夫が

とても重要になってきます

 


でもそれができるんだったら

とっくにやっているというのが

ママの本音ではないでしょうか

 


それに対する回答は

昼寝をしてしまわないように

十分な効率の良い休息を取る

という方法です

 


日中少しの間でも

眠くなったときに

その眠気に耐えられる

カラダ作りをするのです

 


どういうことかというと

例えば寝るときに

その日一番使ったところを

ストレッチしてから寝るとか

 


カラダの気になる場所を

しっかりマッサージしてから

寝るということです

 


他にもココロにもこだわって

瞑想してみたり

体を温めてみたり

あらゆる方法で

徹底的に短い時間で

カラダを休める

ということをやり尽くしてほしいのです

 


どうすればカラダが休まるかは

人によって方法論が違います

 


十分な栄養をとるという人もいれば

軽い運動するという人もいます

 


いろいろ試して

あなたにとって今までよりも

睡眠の質を改善できる何かを

貪欲に探していただきたいです

 


そして見つかった方法を

試していくことで

1日あたりのトータルの睡眠時間を

少しずつ減らしていくことが可能な

質の高い睡眠ができる人になるはずです

 


それによってお昼寝の時間に

子供と一緒に寝なくなるどころか

朝起きるのも今までよりも

20分でも30分でも

早くすることが可能になるはずです

 


こうした休息のメソッドは

今とても注目されていて

いろんなビジネスマンや

アスリートもチャレンジしています

 


そうすることで

子育てやビジネスに限らず

あらゆる場面でコンディションが整い

幸せな人生を歩むことができる

とさえいわれています

 


そんなこと無理だとか

できるならやってる

という過剰なやけくそ反応で

思考停止に陥るのはもったいないです

 


明日もう一度落ち着いて

なにか1つでも

できる方法はないか

そういう考え方の転換を

していただきたいのです

 


何も思い浮かばない

ということであれば

寝る前にほんの少し

足の裏を押してみてください

 


これだけでも違うかもしれません

 


朝起きて外の空気を吸いながら

腕をぐるぐると回すとだけでも

何か変わるかもしれません

 


そういう小さなアクションによって

自分で時間は生み出せるんだ

というマインドに

変えていっていただきたいのです

 


次に2つ目の方法です

 

ママの時間がないんだったらそれはパパの出番です

 


パパに

「ママの時間がない問題」

を解決してもらう方法は2つあります

 


1つはママの代わりに

パパにやってほしいことを

やってもらうという方法です

 


例えばお風呂の掃除だったり

皿洗いだったり

洗濯だったり

 


子育てする時間帯に

お仕事でいないパパでも

帰ってきてから

何とかなるはずの作業です

 


これを赤ちゃんを見ながら

ママが何とかするというようなことを

やっていては

ママは一生時間を作ることができません

 


ところが

パパもパパで

子供が生まれて

今まで以上にお仕事を頑張ろう

とするあまり

ヘトヘトで家に帰ってきてしまって

何もできないというような

状態の人が多数います

 


こんなときに有効な方法が

子育てを手伝ってほしいとか

家事をやってほしいとかいうような

一方的な指示や命令ではなく

選択肢を与えるという方法です

 


1番最初の方法でお伝えした

時間を生み出す1つ目の方法として ママの疲れを癒すことがありました

 


これをパパに手伝ってもらう

という方法があるのです

 


つまり疲れているパパも

本音では何とかして

疲れているママの役に立ちたい

子育てに関わりたい

という気持ちが必ずあります

 


でもこれまで

まともに家事もやってきていませんから

急に皿を洗う、洗濯をする

そういったことを言われても

どうしていいかわからなかったり

 


慣れているママがやるほうが

慣れてないパパがやるよりも

圧倒的に負担が少なくて済む

 


そんな風な間違った解釈も

生まれてくるのです

 


ですからママには

どうやってパパをコントロールして

どうやってママの時間を生み出すのか 

という発想に

思考を切り替えていただきたいのです

 


ママの時間を生み出すために

パパに伝えることは

 


「お皿を洗うかママのマッサージをするかどっちがいい?」

 


というふうに選択肢を与えるのです

 


洗濯物をたたむかママの肩を揉むか

 


お風呂洗うかママの足裏マッサージをするか

 


こうしたトレードオフは

意外とパパは受け入れやすいものです

 


家事はどうやっていいかわからないけど

マッサージだったら何とかやりようがある

というふうに考える人もいるからです

 


こうしてママはパパに疲れを癒してもらい

深い睡眠を得ることによって

ママが自分の時間を生み出していく

ということがだんだんと可能になります

 


この方法の良いところは

段階的に要求をレベルアップさせていく

ことができるということです

 


皿洗いができるようになったら

お風呂洗いを追加します

 


そんなのしんどいな

やってらんないなと

パパが思ったときには

 


ではお風呂は今度でいいので

洗濯物を片付けるか

ママを全身マッサージ1時間どっちがいい?

 


というふうに

マッサージのほうもだんだんと

要求をエスカレートさせていくのです

 


パパもお願いされたことをも

何もできないという人には

なりたくありませんから

さすがに1時間のマッサージが

しんどいなと思い始めたときには

それに比べたら何とかできそうな

皿洗いぐらいはやってみようか

という気持ちになるものです

 


それでは最後に3つ目の方法です

 

まさかと思うかもしれませんがアウトソーシングです

 


このブログをご覧の皆さんの中には

もちろんお金があれば

家事代行サービスは時には頼みたい

と思っている人が

多数いらっしゃるのではないでしょうか

 


では実際に2時間の家事代行サービスを

頼んだらいくらかかるのか

どんな家事をどういう風な会社に

頼むことにいくら発生するのか

きちんとその情報をお持ちでしょうか

 


そうしたサービスを十分に検討して

それはコストがかかりすぎる

という結論に足した上で

全てママが引き受けるということを

やっているのであればそれでも構いません

 


ですが家事代行サービスでなくても

例えばスーパーで惣菜を買ってくる

というようなことであったり

食材の宅配の方サービスを使う

ということもアウトソーシングの1つです

 


必ずしもベビーシッターや

家事代行サービスのような

今まで触れることがなかったサービスだけが

アウトソーシングとは限りません

 


時代はどんどん変わっていて

不便な世の中を便利にしようという動きは

止まることがありません

 


家中をピカピカにしてもらっても

2,000円から3,000円で済む

というサービスもあります

都心では独身夫婦でも

よく使っているサービスです

 


3,000円というコストをかけてでも

1時間はアウトソースでまかなって

その時間でママが何か自己投資に充てる

という方が健全な姿ではないでしょうか

 


まだお子様が小さいうちは

その時間でママが休息を取る

ということでもいいでしょう

 


少し時間に余裕ができたら

ブログを書きながら情報発信したり

新しいビジネスのアイディアを作ったり

ママも収入を得ることができる

ライフスタイルを作っていくということも

考える必要があるのではないでしょうか

 

 

 

まとめ

 


子育てを頑張るママのみなさんは

実は時間がないということだけを

嘆いているのではありません

 


時間がないと同時に

精神的な余裕がないとか

金銭的な余裕がないということで

いろいろ合わせて嘆いているのです

 


精神面に関して余裕がないなどというと

なんだかだらけているイメージがあったり

それを言葉にすることで

また疲れが倍増してしまうとこともあり

あまり堂々とは発せられません

 


金銭面のことで余裕がないというと

寂しい気持ちになったり

家庭内でパパママ関係が

不安定になってしまうリスクもあります

 


そういう意味で

時間がないというのは

吐き出せる言葉として

最も使いやすいのです

 


ですから

時間がないというママに

シンプルに時間をなんとかする方法を

ご提案しても実は解決になりません

 

 

 

そういうわけで3つの方法として

時間を捻出して

金を生み出す思考にもっていく

そんなお話を書かかせていただきました

 


子供を育てるということは

とても尊く母にしかできないことがある

本当にかけがえのない

素晴らしい役割である事は間違いありません

 


そんなママには

少しでも楽になってもらって

素敵な人生を送ってほしい

という願いがあります

 


多くのママが

「主婦なのにサイドビジネスで月収100万円!」

といった本をいちどは

手に取ったことがあるのではないでしょうか

 


そうした少し

誇張気味のビジネス商品には

ダイエット本のように

誰もがうまくいくわけではない

難しさがあります

 


でも私はやはりママだからこそできる

ママにしかできない価値の提供

というものがあって

それは考えてつなげていって発信する

ということさえできれば

ママが少しゆっくりするために必要な

お金にはなると考えています

 


時間がないと嘆いているお母さん

まずは健康を整えて

パパと力を合わせて

そしてご自身で

少しお金を作るための

アクションを始めてみてはどうでしょうか

 


お金があることで選択肢が増えます

選択肢があるということは

ストレスが減ります

 


ぜひ素敵な人生を送ってください

子どもはどんどん成長します

 


負けないようにパパもママも

成長していきましょう!

 

 

 

www.hirokionline.net

 

 

www.hirokionline.net

 

 

www.hirokionline.net

 

 

<スポンサーサイト>

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.