パパの人生好転ブログ

娘、息子から尊敬される父になりたいと思い立って、なりふり構わずジタバタとチャレンジしていくブログです。

パパが危ない!(その1)職場のメンタルヘルスそのときママは?

パパが危ない!(その1)職場のメンタルヘルスそのときママは?

 

f:id:hirokionlinex:20180510192039p:image

 

(パワハラ適応障害で2ヶ月休職したパパの復職までの実話です)

 

2017年7月 

 

転職して新しい職場に出社した私は

海外ビジネスとマネジメント経験をいかして

海外駐在にチャレンジするぞと

意気込んでいました

 

面接でも

「すぐにでも海外駐在できる人材をさがしている」

「是非ともウチにやってきてほしい」

ということで

こちらの希望とぴったりマッチする求人でした

 

ところが実際に入社して配属された先は

国内ビジネスの一般担当業務

それも入社3年目の若手社員が

海外駐在するのでそのリプレイス

というポジション

 

まぁ最初は勉強だから仕方ないか

と折り合いをつけながら

ひとつひとつ仕事を覚えていく日々でした

 

新しい職場には新しい文化があります

そこのルールに従わなければ

やりたいことなど言い出せるわけもありません

 

これまでにも転職経験があり

まわりにも転職者が多数いる職場です

比較的早い段階で

なじめるものだと過信していました

 

新しい職場はこんなはずじゃなかった!の連続

 

実際に仕事を始めてみると上司から

「なんやこれ」

「しらんぞ」

「勝手なことするな」

軍隊ばりの右向け右の怒号の嵐

 

これまで自分がマネジメントを行う上で

もっともやってはいけないと

習ってきたやり方が

当たり前のように横行していました

 

何をやっても責められる

何もやり方を教われない

 

そんな日々にも関わらず

“これぞ転職者の宿命だ”

“この洗礼を乗り越えてこそ認められるんだ“

とさらに馬力を加えて

フルスロットルで仕事をやっていきました

 

たいした仕事もない時期から

1時間以上も早く出社して

やる気をアピール

 

突然呼ばれた泊りの出張にも

そのままついて行き

昼食の弁当を買いにいったり

飲めないのに宴会のはしごに付き合ったり

 

入社1ヶ月の頃にはすでに

緊張の糸が切れ始めていたのでしょう

週末は疲れきって寝込んでいました

 

そのころママはどうしてた??

 

私の張り切りすぎる性格を良く知る奥さんは

このころから心配していたといいます

 

いつも週末には私がこども二人を連れて

どこかへ遊びに出かけていたのですが

 

この頃はお願いする前から

奥さんが子どもを連れて出かけていって

 

私が一人で休めるように

気を遣ってくれていたのです

 

それでも私にとって

新しい仕事は刺激もあり

初めての仕事を学ぶ意欲もありました

 

社内外の人間関係が広がり

出来ることが増えていく喜びもありました

 

奥さんが心配してしていることなど

全く気がついていませんでした

 

まだ1ヶ月すぐに慣れるさと甘く考えていました

 

そんな感じで入社1ヶ月を

怒涛のごとく過ごしました

 

疲れはありましたが

翌月には慣れてくるだろうと

高をくくっていました

 

自分には実力があり

仕事の内容と関係者との

ネットワークさえ構築すれば

すぐに活躍できるだろうと

自分に言い聞かせていました

 

8月に入りそんな自信は

音を立ててつぶされていくのです

 

(つづく)

 

<スポンサーサイト>

無料カウンセリング受付中/ライザップ

 

 

〈広告〉

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.