パパの人生好転ブログ

娘、息子から尊敬される父になるためジタバタとチャレンジしていくブログです。

子育てマインドフルネス 「優しいまなざし」を向ける をやってみました。

子育てマインドフルネス 「優しいまなざし」を向ける をやってみました。

 

優しいまなざしは、その人の顔の表情をやわらげ、口もとにかすかなほほ笑みをもたらします。そして心が広くなり、批判的な気持ちが消えていきます。

優しいまなざしで人やモノをみると、自分の内部にも温かいものが生じます。相手から返される温かさに驚かされることもあります。

 

「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門 [ ジャン・チョーズン・ベイズ ]

価格:1,728円
(2018/4/23 21:09時点)
感想(0件)

やってみたこと。

 

鏡の前で、自分の表情が、どんなものなのかをチェックする。

こどもや奥さんや職場の人に話しかけるとき、自分がどんな顔をしているのかイメージしてみる。

 

分かったこと。

 

私は以前から職場のデスクに大きな鏡を置いている若い派遣社員の女性の方がいい表情をしていると思っていました。

 

オッさんたちは「なんだあの子は、仕事中に自分の見た目を気にして!」とプンプンしていましたが、そのあなたのプンプン顔を見せてやりたい気持ちでした。

 

それくらい表情の認識は大切と意識していたものの、いざ集中して顔を作ってみると、いかに自分が緊張感のない表情だったかがわかります。

 

この場合の緊張感のないは、力みがとれて柔らかいという意味ではなく、疲れ顔をそのままだしているというほうを意味します。

 

これからやること。

 

オッさんだからと自分を卑下しないで、諦めないで、トイレの鏡に映る自分の表情、スマホの画面の向こうの自分の表情を意識していきます。

 

自分を良く見せようと言うことではなく、相手に失礼のない身なりでいるために、良いスーツを着て、靴を磨き、背筋を伸ばすのと同じです。

 

口角を上げて、優しい眼差しでひとに接することは、相手へのマナーです。

 

ニコニコしていれば自然に運も寄って来るのではないでしょうか。

 

今日もなりふり構わず、必死で頑張りまーす!

 

<スポンサーサイト>

 

 

 

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.