人生好転ブログ

娘、息子から尊敬される父になりたいと思い立って、なりふり構わずジタバタとチャレンジしていくブログです。

『文章力が豊かになる本』小笠原信之著の刺さる一言。

『文章力が豊かになる本』小笠原信之著の刺さる一言。

 

f:id:hirokionlinex:20180403204412j:plain

 

「これから咲く植物が多くて」では芸がありません。「花々が次々と咲くので」とすれば、華やいだ動きがでます。

 

私はこの 文章の動きが出るという表現が刺さりました。

 

そう、文章とは生もので、同じコトバでも前後の関係や、ちょっとした語尾の感じで、印象が一気に変わるものです。

 

ブログを書き始めて、自分の文章の下手さには辟易しますが、そこは気にしてても上手くならないと思ってとにかくガンガン量を書いて、筋トレのごとくまずはがむしゃらにやって基礎力を千本ノック式に鍛えていこうとしています。

 

仕事もリズムが大事とよく言いますが、メールの文章も、まるで音楽を奏でるかのように心地よい文章を書ける人がいます。

 

そういう人はきっとコトバに動きがあることがわかっていて、その動かし方も見えているような気がします。

 

こどもたちに語りかけるコトバを選ぶときも、できる限り豊かな表現で、想像力を広げられるような、温かな気持ちが届くような、そんな伝え方をしていきたいものです。

 

最近はあまり読んでいませんが、昔はよく女流作家さんの小説も読んでいて、江國香織さんの文体なんかがとってもかわいいなと思ったものです。有川浩さんも。

 

男性作家の切れ味あるシャープなコトバ使いもカッコいいですが、いい意味での女性らしさのある繊細で細やかな文体にも、またときどき触れていきたいです。

 

 

 

 

 

<スポンサーサイト>

 

 

〈広告〉

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.