子育てパパ37.5歳の人生逆転ブログ

娘、息子から尊敬される父になりたいと思い立って、なりふり構わずジタバタとチャレンジしていくブログです。

こどもと朝から将棋をやって出勤する理由。

こどもと朝から将棋をやって出勤する理由。

 

f:id:hirokionlinex:20180403204412j:plain

 

藤井聡太さんではありませんが、こどもの頃から将棋に親しむというのはロジカルに考える訓練として有効だと考えています。

 

囲碁の方が奥が深いといいますが、私は囲碁がわからないので、将棋を教えることにしました。

 

甥っ子は将棋教室に通っていることもあり、幼稚園で自分よりも圧倒的に強いのですが、我が家のふたりはまだまだおもちゃ遊びレベルです。

 

オトンは王将、金将、銀将のみですが、余裕で勝ってしまうレベルです。時間の許す限りはじっくり考えさせて、ときどきは負けるようにもしています。

 

そうするうちに、ほんのわずかずつではありますが、やはり学習していって、上達していくものなのです。もともとはロジカルシンキングどーのこーのと、親として教育について意識高いですよ的な、すごいと言われたい承認欲求から来ている将棋大会も、成長を目の当たりにして感動さえあります。

 

そう、子育ての醍醐味はこの小さくても確かな成長の過程を目撃できる、立ち会える喜びなんですね。とくにどっぷりと時間を共有できるわけではない父親にとっては、朝のわずかな時間でも、子供たちと触れ合える、思い出を重ねる時間が持てるというのはかけがえのないものだと感じています。

 

上のお姉ちゃんは今日から3年生で、いよいよ大人びてくる年齢のスタートです。いつまでオトンと遊んでくれるか分かりません。

 

そのカウントダウンに入ったことを意識して、少しでも、簡単でもいいから、同じ時間を共にする活動を次々と連続的に起こしていきたいです。

 

オトンが娘の子育てにガッツリ入り込める時間は意外と少ししかないのです。

 

 

<スポンサーサイト>

 

 

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.