パパの人生好転ブログ

娘、息子から尊敬される父になりたいと思い立って、なりふり構わずジタバタとチャレンジしていくブログです。

子どもの鼻づまりを解消するライフハック!

 

子どもの鼻づまりを解消するライフハック!

 

f:id:hirokionlinex:20180403204412j:plain


三橋美穂さんの『驚くほど眠りの質が良くなる睡眠メソッド100』と小山龍介さん、小室淑恵さんの『RELAX HACKS!』を読んでいて、呼吸について面白い話が書いてあり、これは自分のライフハックだけでなく、子どもにも使えるなと思いました。

三橋さんの睡眠メソッドで、右の鼻から息を吸って、左の鼻から吐くとよいという内容があって、やってみるとなんだか不思議な気持ちよさがありました。実感よりも片側が詰まっているものなのですね。

RELAX HACKS!には、鼻呼吸する際に、その吸い込む空気の温度、湿度、においなどを嗅覚を研ぎ澄ませて感じると、だんだんと五感が鋭くなるということが書いてありました。添加物だらけの食品を食べるとアレ? っと感じるレベルになるのだとか。

添加物センサーを搭載できるかは分かりませんが、呼吸についてはよくお腹の動きとの連動や、吸う、吐くの長さについてヨガ的なアプローチを目にします。これに対して、吸い込む際の鼻の中を空気が通り抜ける瞬間にフォーカスするという観点は初めてで発見でした。しかもたまたま読んだ2冊に同じことが書いていて、なんだかうれしい気持ちになりました。

うちの子どもはようやく鼻づまりを自分でかめるようになりましたが、未だにずんずんやっていますし、いわれなければ自分から鼻をかむということはしません。そんな子どもたちに、こうして片側から吸い込んで、反対から吐くとか、吸い込む空気の湿度を感じるというような感覚は皆無です。

最近は企業でもマインドフルネスとか流行ですから、子どものうちから、リラックスできるようにこんなものの見方も教えてあげたいものです。

何で読んだのか忘れましたが、集中するということは緊張するということではないと書いていました。集中するにはリラックスして脱力している必要があり、力んだ状態では気持ちは集中している気になるけど、実際はカラダがこわばってしまって、全く集中とは逆の状態だそうです。

自分は集中といえば怖い顔をして、肩肘張って、歯を食いしばっていたので、あちゃ~という感じですが、こどももちょっとそれに似てきているところがあるので、集中するにはリラックスすること、楽しむことを具体的な方法論で伝えていってあげたいです。

 

 

<スポンサーサイト>

 

 

〈広告〉

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.