人生好転ブログ

キャリアと家庭円満の両方を手に入れる方法

テックキャンプで失敗! 社会人のプログラミングスクール体験談

テックキャンプで失敗! 社会人のプログラミングスクール体験談

 

f:id:hirokionlinex:20190908143837j:image

 

社会人がテックキャンプ(プログラミングの学校)に通いました。

 

36歳という年齢で社会人が通うのはかなり場違いな思いもありましたが小学生のこどもがいる親としてはこれから小学校でも教科になるというプログラミングを学んでおいて損はないと考えました。

 

今なら参加者限定特典もあるオンライン説明会をやっているみたいです。

オンラインってめっちゃ簡単ですね。さすがプログラミングスクール!

どこにもいかずにこのまま説明会の話聞けるならやらないほうが損ですね。

 

<AD> 参加者限定特典あり。TECH::CAMPオンライン説明会

 

ちなみに私が通ったのは現在の月謝制になる前のTECH::CAMP(テックキャンプ)です。一ヶ月コースで約10万円でした。

 

どんどん時代に合わせて変化していくのも私は良いことだと考えています。

 

当時は朝は11:00から始まり夜も22:00とかまで行けましたので相当な時間をプログラミング学習に投下できたことになります。

 

私は朝イチから行って、18:00くらいで帰っていたので毎日8時間くらいでしたが、それでも1ヶ月集中しての学習なので、それなりに基礎的な力はつくと考えていました。

 

でも。

 

結果は大失敗!

 

プログラミングを使って仕事を得るどころか、コードをかけるようにさえなりませんでした。

 

どうしてそんなことになったのか理由を書いていきます。

 

念のために言っておきすが、これはテックキャンプの批判記事ではありません。

 

とっても良いスクールなのですが、私のモチベーションは続かなかったという話です。

 

社会人のテックキャンプ失敗談 プログラミングは出来なかった!

 

テックキャンプに通った結果、とても恥ずかしいのですが、私はプログラミングができるようにはなりませんでした。

 

テックキャンプに通ったことで、大まかなプログラミングの概略と基礎構造は理解できました。

 

ただコードを自力で書いたり、オリジナルのアプリを開発したりというようなスキルは身につきませんでした。

 

テックキャンプのカリキュラムは、プログラミングのセンスがあるかないかに関わらず、しっかりと勉強の時間をとり、必要な努力をして継続学習できる人なら、それなりに身につくクオリティの学習環境であったとは思います。

 

ですが、わたしにはあまりにも向いていない学習で、たった1ヶ月の集中コースで、その後も自走するまでの魅力には取り憑かれなかったということです。

 

当たり前のことですが、実績あるプログラミングスクールのテックキャンプであっても、通いさえすれば誰でもプログラミングができるようになるという魔法の学校でないということです。

 

TECH::CAMP(テックキャンプ)のカリキュラムが充実していることは素人の私でもわかりました。

 

私自身が他の同業のプログラミングスクールのカリキュラムを実際に体験して、正確に比較できたわけではありませんが、トライアルで見てみた他社のオンラインプログラミングスクールよりも、圧倒的に良くできているカリキュラムです。

 

また企業から研修で派遣されて来られている方もいたので、他社と比較した上で、有償のしかも高額の研修用途に人事部門がお金を払う価値があると選んだクオリティということは言えます。

 

社会人のテックキャンプ失敗談 学生メンターのレベルにばらつきあり

 

私の実体験として確実にお伝えできるメリットは

 

・上述の通りよく作りこまれたカリキュラムがあること

・部屋がきれいなこと

・高額受講料を払っていることもあり、受講者の意識が高い(勉強する環境として適している)こと

があげられます。

 

一方で決定的なデメリットもあります。

 

それはメンターと呼ばれるサポートの方の実力のばらつきです。

 

メンターというのはテックキャンプのスクールでみんなで学ぶ部屋に必ずいてくれる質問受付係の方のことです。

 

ほとんどのメンターが学生さんです。

 

TECH::CAMP(テックキャンプ)を過去に受講して、メンター試験というTECH::CAMP(テックキャンプ)かなり難しい試験をクリアした人たちです。

 

プログラミングの知識レベルがかなり高いバイトの皆さんと理解いただいてよいと思います。

 

私が通った神戸校は今は閉校になっているくらいなのでおおむねクラスの風景の予想がつくと思いますが、生徒さんたちは全然いません。

20人くらいは部屋に入れるはずですが、ガラガラでした。

 

かなりの頻度でメンターと自分一人という最高の学習環境のときがありました。

たまに私ひとりにメンターふたりということもありました。

 

そういう状況だったので、ほぼメンターとマンツーマンなので困ったらなんでも聞けます。

 

家庭教師状態です。

 

 「なんでメンターになるまでの猛勉強したんですか?」とか雑談もしていました。

 

自分より20歳くらい若い人たちが努力されていて単純にとても尊敬しました。

 

でもそれくらいの学習環境でも、私が1ヶ月ではプログラミングをマスターできなかった根本の理由がこのメンターのレベル差だと考えています。

 

社会人のテックキャンプ失敗談 メンターのレベル差で起きる問題

 

 先にも書きましたがTECH::CAMP(テックキャンプ)を過去に受講した学生さんがその後、TECH::CAMP(テックキャンプ)の試験を受けて

パスしたらメンターになれます。

 

まれに社会人の方がキャリアチェンジでメンターになることもあります。

 

プログラマーとしてどこかに就職していくにあたり、テックキャンプでメンターをしていたというのは、テックキャンプのメンター試験をパスするだけの地力はあるという証明になり、ブランディングにもなるようです。

 

ところが現実問題としてメンターなりたての人は学びに来ているこちらが質問しても、まともに質問に答えられません。

 

こちらは分からないから聞いてるし、メンターが質問をすぐに解決してくれるというサポート制度に魅力を感じてテックキャンプに来ているのに、すぐに解決してくれないというのは致命的です。

 

時間の無駄だけでなく、だんだんと「高額のスクール費用を支払っているのになんでなんだ!」とやや幼稚なイライラも募ってきます。

 

多くのメンターさんたちは、プログラムを書く知識はあっても、素人が予想外のエラーを出したときに何がエラーかを見つけ出すのはかなりの時間を要します。

 

これがハイレベルのメンターになると、一発でエラーを見つけて、さらにどうすればこのようなエラーをしなくなるかといった追加のアドバイスまでしてくれます。

 

そういう意味でいくと、テックキャンプのメンターで本当にプログラミングができる人のすごさというのは、自力でプログラミングができるだけでは無く、他人の書いたコードをみてその人のエラーをすぐに発見できる能力であるといってもいいと思います。

 

もちろん中にはすごいメンターもいて、すでにTECH::CAMP(テックキャンプ)のメンターレベルを超えていて自分でオウンドメディアを運営するくらいのプロもいました。

 

自分より20歳くらい若い大学生とかですが、

自分より戦闘力が100倍はあって大尊敬します。

 

そういう人はほどなくして独立していくのだと思いますが、塾や習い事でも同じことで結局、講師、先生のレベルというのはすさまじく差があるものなのです。

 

そしてテックキャンプの決定的に辛いところは、メンターは選べないのです。

 

東進ハイスクールだったら、「今でしょ!」の林先生の授業をとるというようなら、人気の先生を指名で選んで受講が可能です。

 

TECH::CAMP(テックキャンプ)のメンターに関しては、その日に学校に行ってみないと誰がいるかわからないので、日によって自分のテンションが明らかに変わるのがわかりました。

 

優秀なメンターのときはやっぱりやる気出ます。学んでいて楽しいからです。

 

また優秀なメンターの人はTECH::CAMP(テックキャンプ)でそういう指導を受けているのかもしれませんが人間性もしっかりしていて、礼儀正しく、責任感もあります。

 

本当にこれから社会人になって大活躍するだろうなという雰囲気がバリバリあります。

 

一方でメンター試験に受かったばっかりで、なりたてのあんまりイケてないメンターの日はやる気がでなかったです。これはかなり間違いない肌感覚です。

 

予備校でもトップ講師の授業と学生バイトのそれではレベル差一目瞭然ですよね。私自身、大学時代にバイトで塾講師をした経験がありますが、明らかにプロの社員の人の授業はレベルが高かったです。

 

さて、私がテックキャンプを受講した1ヶ月間のうち、トップレベルのメンターに教えてもらえたのはどれくらいでしょうか?

 

なんと最初の1週間だけです。残りはずっとダメダメなメンターだったのです。

 

イケてるメンターさんはメンターのシフトとか、運営側の方に奔走されていて、もう運営側の役割が増えすぎていたんですね。

 

でもそういう講師の育成期間の過渡期にスクールに通うというのは、くじ運悪いなぁという感じになっても仕方ないですよね。

 

社会人のテックキャンプ失敗談 たった1ヶ月の勉強で何ができるの?

 

TECH::CAMP(テックキャンプ)で受講したカリキュラムは

 

①ツイッターとインスタの合体版みたいなの

②アマゾンの映画レビューサイトみたいなの

がベースのふたつのカリキュラムでした。

 

余裕があれば

 

③Yahoo!知恵袋みたいなもの

をつくるか、オリジナルのアプリケーションをつくるかという感じでした。

 

当時はオリアプ、オリアプ と当たり前のように言っていましたがど素人がどう頑張ってもオリジナルアプリ開発を1ヶ月でやりきるのは無理でしょう。

 

もともとエンジニアのバックグラウンドがあるとか、近い将来この道で生計をたてるために寝る間以外はプログラミングやり続けるんだ! ということでもなければ、TECH::CAMP(テックキャンプ)に1ヶ月通ってできることは①②の2カリキュラムが精一杯でした。

 

実際にほとんどのメンターもオリアプ開発の指導はできません。

 

ここはとても重要なポイントなのでもう一度書きますが

 

基本的にメンターもオリアプ開発サポートはできません。

 

したがってオリアプ開発は基本は本人が自力でやります。

 

そんなの出来るわけがないのですが、そういうことになっています。

 

目的がオリアプ開発で、1ヶ月のカリキュラムを1週間くらいで終わってしまうくらいのハイレベルの人は、事前に交渉しておけばオリアプ開発段階でハイスペックのメンターをシフトに入れてくれて、その人の指導が受けられるといっていました。

 

これはどのスクールでもそうなのかは分かりませんが、メンターでもハイレベルな内容を教えられる人、教えられない人がいるのは見ていてもそりゃそうだろという感じです。 

 

なんとなくイメージとしては、東京のテックキャンプのメンターはほとんどが無双状態で、何聞いても全部完璧に答えてからるんじゃないかなぁという羨ましい気持ちになってしまいます。

 

テックキャンプにくるまでプログラミングの知識ゼロだった私は、一からいろいろ質問して教えてもらいながらなので、自分の独力だけで自走して何かがアプリとか作れるようになんて、とてもなりえませんでした。

 

そもそも指示されたカリキュラムでさえもまともにこなせていませんでした。

 

私のイメージする「テックキャンプを上手に活用していける人」というのはこんな感じです。

 

すべてのコースをかなり優秀な完成度と確実な理解度で修了

 

その後、休まずソッコーでメンター試験合格を目指してモリモリ復習しまくって、ひたすらコードを暗記、暗記、暗記とやってそのままの勢いでメンター試験合格

 

メンターとして受講生の質問に答えられるとこまでいって初めてプログラマーとしてのスタートライン

 

そこまでいけば「テックキャンプを有効活用した」という感じではないでしょうか。

 

教わる側で終わり、では「何かできた」とは言いにくいですね。

 

テックキャンプのプログラミングで人生変わりますか?

 

TECH::CAMP(テックキャンプ)は「人生を変える」というキャッチコピーでやっています。

 

7日間だけのイナズマコースというのもあるので、こんなキャッチコピーです。

 

これについては

「プログラミングはまじめに努力しまくれば、人生を変えることが可能なスキル」

だと思います。

 

冗談抜きで誇張なく可能だと思うので、ウソはないです。

 

こんな私でもプログラミングをすこしかじってみて、プログラミング使って未来をつくることは可能だという実感がありました。

 

冒頭に書いた通り、恥ずかしながら自分にはセンスと情熱がなかったので、上手に活用はできませんでした。

 

はっきり言って10万円投資して、何のリターンも得られていないので堂々と派手に失敗したと言えます。

 

負け惜しみとしては、プログラミングの構造は少し理解出来たので、またいつかどこかでそのざっくり知識が役に立ったらなというくらいの感覚です。

 

テックキャンプは常に進化していて、カリキュラムも大幅に拡大していますし、私が受講したコース以外にもたくさんのメニューがあります。

 

プログラミングが気になっている方はホームページでよく見てみるのもよいですが、各地で無料説明会をやっているので、参加して実際に受講したメンターから話を聞くのが早いでしょう。

 

そのときに私の失敗談を思い出して、メンターのレベル感を確認されると良いでしょう。

 

メンターになって間もない人たちばかりだとかなりキツイですよ。

 

ところで、プログラミング「言語」というくらいなので自分の得意分野に重ねてみると英語みたいな感じだなーと思って受講していました。

 

自分の場合は何年もの歳月をかけて、それこそ大学時代には留学して、英語をある程度身につけたことで人生が変わりました。

 

実際に英語力だけに頼って大学も卒業できましたし、今まで15年も社会人をやれてきました。

 

それでいうとプログラミングできる様にならなかったのにおこがましい言い方ですが、英語を使えるようになるよりはプログラミングができるようになるほうが努力の総量としては少なくて済む気がしました。

 

プログラム言語は分かりやすく作られた言語なので操作を覚えれば使えるものだと思います。

 

ですから英語がダメでもプログラミングはいけるタイプの人も世の中にはいるはずです。

 

私は逆だったので、そういうパターンもあります。

 

子供に伝えたい、大切なのは「プログラミングでなにをするか」

 

私は英語を使えるようになって

「グローバルにインパクトを与える仕事がしたい」

「世界中の人の役に立つスケールで人生を生きたい」

「いろんな意味で遠くにいきたい」

という野望を少しだけでも体感できています。

 

その為、プログラミングもそれを身につけてそしてどんな未来を迎えに行くのかが大事な気がします。

 

あなたはどんな景色を見ていますか?

どんな景色をこどもにみせてあげたいですか?

 

プログラミングをつかって可能にできるサービスを思いついて、それを作り上げて育てて行くという、その作業こそが面白いのであって、単にコードを書くための機械的なプログラミングということではなくなし得たいビジネスモデルがあってのプログラミングなんだというのがTECH::CAMP(テックキャンプ)に参加して身についた感覚です。

 

それからあらゆるものごとをたいしてその先の先をみつめるようになりました。

 

ここでこういう手を打っておけば、次にこうなっていたはずだというロジックの組み立てや、一つでもミスがあればすべて崩れてしまうというシンプルで合理的な世の中の心理も垣間見えた気がします。

 

もし全くプログラミングに触れたことのないあなたが、プログラミングに興味をもってこのサイトを見てくださっているのであればまずは無料体験とか説明会だけでも参加されてはいかがでしょうか。

 

TECH::CAMP(テックキャンプ)でなくてもいいですが少なくともTECH::CAMP(テックキャンプ)で悪質な勧誘はないです。

 

この時代に生きていて、一度なにかの方法でプログラミングに出会っておくのは損はないでしょう。というか出会っておかなきゃダメになります。

 

素敵な未来を切り開くあなたのチャレンジを応援しています!

 

まずは無料のオンライン説明会を体験してみましょう。こうしている間になにもしないと世間から遅れます。

 

いつでも必要とされる人材になるために、まずは無料のオンライン説明会から始めましょう。

 

今すぐ登録を始めた人が、他の人を行動力で一歩先を行くことになります。

 

どこにもいくことなく、このままオンライン説明会にアクセスすれば良いので、絶対に今やらないと、後回しにしていいことないですよね。

 

林先生は言いました。

「いつやるか? 今でしょ!」

 

<AD>

参加者限定特典あり。TECH::CAMPオンライン説明会

 

 

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.