パパの人生好転ブログ

娘、息子から尊敬される父になるためジタバタとチャレンジしていくブログです。

レーシックを最終的にやらなかった話。

レーシックを最終的にやらなかった話。

 

ずっと前から気になっていて、

でも

どのタイミングでやればいいのかもわからないし、

 

ずるずると

10年くらい先延ばしにして、

突如、思い立って

行動せねば!

 

クリニックを訪ねました。

 

こどもに尊敬されるには

躊躇していてはいけません。

 

なりふり構わず

ジタバタするのが

37.5歳のテーマです。

 

超大手の有名どころにいってみた

どこにいったらいいのか

わからないので

 

有名人が

HPにガンガン出ていて、

ちかくにいけるところに行ってみた。

 

まずは予約の電話。

 

来院したら、

おそろしく広い受付ロビー。

 

めっちゃ儲かってるやん。。。

 

声に出していいそうになるけどやめる。

 

「上着をお預かりします」

 

え?

 

ほんまかいな。

こんな眼科、来たことない。。。

 

そのまま検査へ。

 

メガネ生活30年。

 

こんな精密機械で、

時間をかけて

なんどもなんども

 

眼の状態を

視力を

測ってもらったことなど

ありません。

 

「目の状態によってはレーシックできないので」

 

といわれると、

 

もはや、

 

「自分の眼よ! レーシックできるコンディションであってくれ!」

 

と願いだす始末。

 

 

おいおい、

今日はとりあえず

無料検診に来たんだろう??

 

結果。

 

「OK! いけますよ!」

 

「よっしゃー!!」

 

ただし、

眼に疲れがあるため、

視力が100%

完璧には測れなかったので、

 

目薬を1週間さして、

再検査後の手術ですと。

 

どんだけ丁寧やねん!

ありがとうやん!

 

と思いながら、

再検査日と

ついでに

手術日、

手術翌日の検査時間、

手術翌週の検査時間まで予約完了。

 

さて。

 

もらった資料をかえって読むと、

いろいろ書いてあって、

要約すると

 

完全自己責任でやることなので、

責任はやりたいといった私がすべてを負います

という誓約書。

 

まぁそらそうや。

 

と思いながらも、

カタログをみていると、

 

スタンダード 15万円

それいがいのいろいろは

35万円から5~60万円などなど。

 

ハナから 15万円しかみてないし。

 

っていうか、

15万円でも

過去10年くらいで使った金額では

圧倒的に最高額やし。

 

これまでってなんやろ。

15万円。

 

独身時代に、

今の嫁さんがアメリカに住んでたから

その旅費と同じくらいか。

 

となると、

スタンダードの15万円でさえも

14年前に使った最高額依頼の

スーパー飛び降り価格!!

 

 

1週間後の検診で、

問題なく視力は計測できた。

 

クリニックの人。

 

「おすすめはこちらの35万円か、

 こちらの45万円の手術です」

 

私。

 

「スタンダードの15万円にしたいです。」

 

クリニックの人。

 

「スタンダードは10年前のテクノロジーで

 最新技術に比べると、多少ですがリスクがあります

 取り扱いはしていますが、推奨はしていないのです」

 

私。

 

「・・・。」

 

私の心の声。

 

「えー、もうー絶対に無理やーん。

 スーパー飛び降り価格の15万円でリスクあるんやーん

 自己責任のサインしなあかんやーん

 どっちにしろ、ブルーライトカットメガネかけるし、

 もともとメガネ嫌いじゃないし、

 もうすぐ老眼鏡もいるし。。。」

 

私。

 

 「あー、そうなんですね。

  わかりましたー。

  ちょっと予算的に厳しいんで、

  また検討して再度ご連絡しますー」

 

クリニックの人。

 

 「そうですか。

  ローンもありますし、

  検査結果は3か月有効なので

  ごゆっくり検討ください」

 

 

めっちゃ丁寧な、

ほんとうに信頼のできる対応だったのに、

ちょっとのビビりと

完全な予備知識不足で、

敢え無くレーシックで

世界を変える作戦は失敗に終わりました。

 

10年前というと、

多くのレーシック経験者が、

実際に行った手術です。

 

ですから、

あくまでも

最新の技術に比べたら

 

という意味で

おそらく

そこまで慎重になるほどの

リスクの高さでは

ないのでしょう。

 

でも、

ほんの少しでも

心配があるならば、

 

こうして、

自分のように

一度

手術日まで決めたとしても

 

クリニックの方は

気持ちよく

キャンセルを受けてくださいます。

 

チャレンジには

勢いが重要ですが、

 

最終的な

重要な決断においては

一度

深呼吸して

立ち止まる勇気もまた

大切なことですね。

 

 

 

〈スポンサーサイト〉

 

JIN's 薄型非球面レンズ付きメガネが3,990円から

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.