人生好転ブログ

キャリアと家庭円満の両方を手に入れる方法

レーシックって不安ですよね? 失敗のリスクもあるのでクリニックで診てもらいました。

レーシックって不安ですよね? 失敗のリスクもあるのでクリニックで診てもらいました。

 

f:id:hirokionlinex:20190718125453j:image

 

私は小学校の頃からの近眼で、ずっとメガネ生活をしてきました。

 

裸眼の人っていいなぁと思いながらメガネでやってきた訳ですが、最近はスポーツ選手や芸能人がこぞってレーシックをやっています。

 

ずっと前から気になっていたのですが、どのタイミングでやればいいのかもわからず、ずるずるときていました。

 

やりたいなと思い立ってからたぶん10年くらい先延ばしにしていましたが、突如、思い立って

行動せねば!となり、実際にクリニックを訪ねました。

 

不安を解消するには実際に自分で情報を集めないといけません。

 

レーシックはどこのクリニックに行けばよいのか?

 

さて、レーシックをやろうと思い立ったところで、どこにいけば良いのかわかりません。

 

ググってみると、眼科でもやっているし、レーシック専門のところもあります。

 

どうも眼科は50万円から100万円みたいなケタ違いの値段帯なので、15万円くらいから出来るというクリニックで層別しました。

 

結局そうなると神戸神奈川アイクリニックか品川近視クリニックくらいしか該当せず、立地的に神戸神奈川アイクリニックにいくことにしまきた。

 

有名人がHPにガンガン出ていて、それはそれで信用できる面と、やや胡散臭い面と両方感じました。

 

まずは予約の電話です。

とっても簡単に予約できます。

 

そして早速来院しました。

 

おそろしく広い受付ロビーでした。

めっちゃ儲かってるやん。。。

声に出していいそうになるけどやめました。

 

「上着をお預かりします」

 

こんな眼科、来たことないですね。

 

そのまま検査へ行きます。

 

メガネ生活30年ですが、こんなにも精密機械で、時間をかけてなんどもなんども眼の状態を測ってもらったことなどありません。

 

世の中の眼科は古く汚く老人がやっているところが多いですが、レーシック専門のところは明るく若い人たちが最新の機器で目の健康状態を診てくれます。

 

こらだけでもやる価値はあります。

 

「目の状態によってレーシックできないので」

 

といわれて、もはや「自分の眼よ! レーシックできるコンディションであってくれ!」と願いだす自分がいました。

 

今日はとりあえず無料検診に来たはずなのに。

 

結果は

 

「OK! いけますよ!」

 

「よっしゃー!!」

 

ただし、眼に疲れがあるため、視力が100%

完璧には測れなかったので、目薬を1週間さして、再検査後に手術可能か最終判断しますということでした。

 

とても丁寧な対応に感激しつつ、再検査日と

ついでに手術日、手術翌日の検査時間、手術翌週の検査時間まで予約完了してしまいました。

 

ここまでの客の引き込み方と逃がさない導線の設計は見事です。

 

レーシックをするかどうか冷静に考えてみる

 

検査後にビデオも見せられましたが、資料ももらいました。

 

いろいろ書いてあって、要約すると完全自己責任でやることなので、責任はやりたいといった私がすべてを負いますという誓約書にサインしなければいけません。

 

まぁそらそうですよね。

 

と思いながらも、カタログをみていると、さまざまなメニューがあります。

 

スタンダード 15万円です。

ホームページで見たとおりです。

 

それいがいのいろいろは

35万円から5~60万円などなど。

 

自分は最初から15万円しかみてないですし、

なんなら15万円でも過去10年くらいで使った金額では圧倒的に最高額となる大金です。

 

過去にどれくらいのお金を使ったのか思い出してみます。

 

15万円。

 

独身時代に、今の奥さんがアメリカに住んでたので、会いに行くときの旅費と同じくらいです。

 

これはスタンダードの15万円でさえも10年以上前に自分が使った最高額を超える最高額支払い案件です。

 

メガネ生活からの卒業はそれだけの価値があるのか、答えを出せないまま1週間後の再検診に行きました。

 

レーシックのための再検査のあとの決断は?

 

1週間後の検診で、問題なく視力は計測できまきた。

 

クリニックの人がメニューを説明してくれます。

 

こちらはまだ15万円払うのかどうか悩んでいます。

 

「おすすめはこちらの35万円か、こちらの45万円の手術です」

 

私。

 

「スタンダードの15万円にしたいです。」

 

クリニックの人。

 

「スタンダードは10年前のテクノロジーで

 最新技術に比べると、多少ですがリスクがあります。

 取り扱いはしていますが、推奨はしていないのです。」

 

私。

 

「・・・。」

 

私の心の声。

 

「あかん。

    もうこれは絶対に無理や。

 人生最高額支払い案件の15万円で

   リスクがあるじゃないか  

    家族があるのに失明してられないし

    そうなると35万円になる

    家族があるのに35万円なんて出せない

 自己責任のサインしないとダメだし」

 

 

    「そういえばパソコン使うから

      ブルーライトカットメガネかけるなぁ。

    もともとメガネ嫌いじゃないかも。

    もうすぐ老眼鏡もいるなぁ」

 

私。

 

 「そうなんですね。

  わかりました。

  ちょっと予算的に厳しいんで、

  また検討して再度ご連絡します」

 

クリニックの人。

 

 「そうですか。

  ローンもありますし、

  検査結果は3か月有効なので

  ごゆっくり検討ください」

 

レーシックはやらずに終わりました

 

神戸神奈川アイクリニックの方はとっても丁寧な、ほんとうに信頼のできる対応でした。

 

ですが、リスクとコストを踏まえた効果を考えた時に、今のわたしには出来ない手術だなと自信を持って判断できました。

 

レーシックで世界を変える作戦は失敗に終わりましたが、チャレンジしたことは納得しています。

 

10年前というと、多くのレーシック経験者が、実際に行った手術です。

 

ですから、あくまでも最新の技術に比べたらという意味でおそらくそこまで慎重になるほどのリスクの高さではないのでしょう。

 

でも、ほんの少しでも心配があるならば、こうして、自分のように一度手術日まで決めたとしてもクリニックの方は気持ちよくキャンセルを受けてくださいます。

 

チャレンジには勢いが重要ですが、最終的な

重要な決断においては一度深呼吸して立ち止まる勇気もまた大切なことですね。

 

まとめ

 

レーシックに興味のある方は気軽にクリニックで検査してもらってはどうでしょうか?

 

メガネ生活からの脱却で人生が変わる人もたくさんいます。

 

そもそも眼の状態が良くないとレーシックは出来ませんから最新の機器で検査してもらうだけでも価値あります。

 

迷うくらいなら無料の検査をしてみるのが不安を消す1番の方法ですよ。

 

 

〈スポンサーサイト〉

老眼治療 レーシックの疑問や不安にお答えします

JIN's 薄型非球面レンズ付きメガネが3,990円から

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.