人生好転ブログ

キャリアと家庭円満の両方を手に入れる方法

落ちる就活のエピソード 受かるエントリーシートとは?

落ちる就活のエピソード 受かるエントリーシートとは?

 

f:id:hirokionlinex:20190804205759j:image

 

社会人も15年となりますと、人事部でなくとも採用に関わりますし、むしろ採用が本職かなというくらい人財をテーマにした活動が増えます。

 

いつでも新しい感覚を忘れたくないし、仕事のつながり以外でも学生の方との接点がほしくてMatcherというアプリサービスをやっています。

 

社会人に就活相談をしたい学生と、学生に偉そうにアドバイスしたいお節介な社会人とのマッチングアプリです。

 

このサービスで何人かの学生の方に実際にお会いしました。

 

皆さん礼儀正しくて、勉強もよくしていて、自分の新卒の頃を振り返るとお恥ずかしい限りです。

 

新卒と、2回の転職で、計3回の就職活動を経験して、何かアドバイスできるとしたら、新卒の学生の方は、あまりにももったいないくらいにエントリーシートでのアピールが下手です。

 

努力もしてきているし、結果も出しているのに、なんでこれだけ? とびっくりするくらいに、エントリーシートでの文章力に圧倒的な弱さがあるのです。

 

企業に勤めていますと、期末や評価や昇進試験などで自分の貢献度を盛りに盛ってアピールする必要がありますが、学校というのはテストで評価されるので、そういう主張をする機会が少ないのかもしれません。

 

経験は十分にある人が多いので、どうやって表現すればよいのかを書いていきます。

 

学生のみなさんは損していますからよく読んでくださいね。

 

簡単なことしか書きませんから、今日このブログを読んだ後から、エントリーシートの合格率はあがりますよ!

 

就活エントリーシートのエピソードが弱い!

 

大学の勉強の中では、論文を書いたり、プレゼンをしたり、いろいろ経験がありますよね。

 

そこで論理的に考えたり、伝えたりという練習や思考はなされているはずです。その実力はあなたには確実にありますから、まずそこは自信を持ってください。

 

私なんかが新卒で就職活動をしていたころより、スペックはみなさんのほうが数倍高いです。

 

にもかかわらず、エントリーシートの書き方はほとんど進化していません。

 

yahoo!知恵袋のコピーみたいなのが多すぎです。なんともったいない!

 

大学の就職課の方もこのあたりをもっとサポートしてあげれば、きっと、学生のみなさんが無駄に苦労しなくても、納得のいく活動ができるはずです。

 

たくさんエントリーシートを読んで、みなさんなんだかすごい目立つ派手なことをしてないとダメな思い込みがある感じです。

 

そうではないのですよ。

 

私の言う、エピソードが弱いというのは、アメリカ横断ヒッチハイクとかしてないとダメってことではないです。

 

バイトでもサークルでもいいんです。

 

でもどの人にも完全に足りていないものがあります。

 

受かるエントリーシートに必要なものは?

 

では早速いきます。

 

受かるエントリーシートで

 

必要なことは

 

熱狂なんです。

 

夢中になって、

がむしゃらに、

なりふり構わず、

プライド捨てて、

泥水飲んで、

大量の汗をかいた、

 

必死の

ジタバタ感なんです。

 

なぜなら、

それは

社会人の先輩たちが、

勝てないところだから。

 

負けを認めないと

いけない部分だから。

 

サークルでサブリーダーだったので

 

「分析が得意です」

 

とか

 

ヒッチハイクで危険なケースも交わしてきたので

 

「判断力があります」

 

とか言われても、

 

社会人からしたら、

学生のレベルで

そんなこと言われましても。。。

 

って、

話を聞きたくなくなるんですよね。

社会人は先輩として、

プライドのかたまりなので。

 

就活の鍵はエピソードの外見ではなく、あなたの心の中身です

 

若さあふれる学生の方には、エネルギーがあるし、突破力があるし、新鮮さがあるし、怖いもの知らずな無鉄砲さがあるんです。

 

そういうことについては、社会人になってから、殻にこもって、波風立てずに、怖気付いた生活をしてきた先輩は、負けを認めるんです。

 

そういう負けをみとめることをカッコいいと思ってるんです。

 

学歴やTOEICスコアで負けるのは恥ずかしいけど、それははっきりした結果なので仕方ないのです。

 

でも、社会人になってからの知見と経験で得たものは負けを認めたら、自分の価値がなくなるので、

 

プレゼンスキル

 

とか、

 

交渉力

 

とか、

 

コミュニケーションスキル

 

とかは、

 

学生さんが、どんなに優れていてもアピールしたところで、採用担当者のこころに刺さらないんです。

 

彼らの自己保身の鎧を突き抜けることができないんです。

 

「そんなに優秀なら起業すれば?」

 

とか

 

「だったらすぐに社長できるベンチャーいけば?」

 

とか

 

妬みや嫉妬の混じった対抗意識が芽生えてしまうのです。

 

だから、熱狂をアピールするんです。

 

自分は何をやってきて、何ができる人間か、よりももっとみたいのはあなたの内臓をえぐりたおす熱狂です。

 

どんなことに本気で夢中になる人なのかを知りたい。

 

寝ても覚めても食事も忘れるくらい没頭するオタク的な変態の顔を見たいのです。

 

そこに執念とかこだわりとか本質的なあなたがいるからです。

 

熱狂のないアメリカ横断ヒッチハイクよりも、熱狂のあるコンビニバイトのほうが、採用担当者に刺さるというのはそういうことです。

 

受かるエントリーシートのエピソードまとめブログ

 

もうじき採用面接でも、AIでフィルターがかかるとか言われていますが、今のところはまだほとんどのエントリーシートは人間が読んでいます。

 

多少は学歴やTOEICスコアで足きりがあることは仕方ないとしても日本ではそこまで学歴で差別されることはなくなっています。

 

ですから、優秀さをアピールするなら、ド直球で

 

自分はできます!

 

というのではなくて、

 

それは

実績を見ればわかるので、

 

それに至るまでに

どれだけ

人間臭い

圧倒的な熱量の

努力と行動を起こしたのか

 

その切り口に絞り込んでエントリーシートを書けば、面接でもなんでも他の候補者を圧倒する、面接官が会いたい、面接後に記憶に残るそんなエントリーシートになります。

 

そして案外あなたが努力ともアピールポイントとも思っていないことが、実はすごい他人と違う強みだったりします。

 

あなたが特に疲れることもなく、長く続けられていることはなんでしょうか?

 

それって意外にとんでもないすごいことかもしれませんよ!

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.