パパの人生好転ブログ

娘、息子から尊敬される父になるためジタバタとチャレンジしていくブログです。

◆ こどもの教育 長期休暇の過ごし方

◆ こどもの教育 長期休暇の過ごし方

 

長期休暇で父親として

気を付けていることは

タイムマネジメントです。

 

宿題をするのは

子供ですし、

忘れてやらなくて、

困るのも子供です。

 

そこで、

代わりにやったり、

おしりをたたいて

せかすのではなく、

 

上手にタイムマネジメントして

ペースメークしてあげます。

 

まず、7月の

夏休みの始まる前のタイミングで、

8月31日までの

一日単位の計画を一緒にたてます。

 

宿題は

自由研究を除いて、

7月中に終わるように

配分します。

 

あくまでも

子供本人に

主導権を与えるかのように

完全に誘導していきます。

 

7月の10日で

20ページ終わらせるとしても、

毎日2ページではなく、

最初の5日で、15ページ

次の5日で残りの5ページという風に

 

やる気のあるうちに

どんどん前倒しする計画にします。

 

その後、8月の土日で

父と共に、自由研究を行う

計画を詰めます。

 

何をするかを決めておけば

父も材料や道具を準備したり、

かかる時間を計算して、

始める時間や

段取りが組めます。

 

また帰省や遊びなど、

どうしてもやりたいことも

最初から計画に組み込んでおいて、

 

こんなに長い休みを

一日たりとも

無駄に過ごしていけないことを

体にしみこませます。

 

基本的には

冬休みも

春休みも同じですが、

 

8月は期間が長いので

特に綿密な計画が重要で、

40日の休みと考えずに、

 

1日の休みが

40回連続であると

考えることがポイントです。

 

確実に1日で

目指した活動が

正しくアウトプットできたのか

その結果は

最初の

親のタイムマネジメントに

かかっています。

 

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.