パパの人生好転ブログ

娘、息子から尊敬される父になるためジタバタとチャレンジしていくブログです。

◆ 筋トレ 続ける3つの習慣

◆ 筋トレ 続ける3つの習慣

1.しっかり寝る

 

筋トレを続けるには、

続けられる

コンディションつくりが必要です。

 

筋トレを楽しめるときは

いいのですが、

 

そもそも運動は疲れるので、

やり始める

初動の段階で

疲れ切っていては

 

始めるための

エネルギーが

ないことがあります。

 

基本中の基本として、

適切な休息をとって、

心身ともに

安定して

疲れをとっておくことが

大事です。

 

そのためにも

確実な

睡眠をとりましょう。

 

時間がないなら、

深く眠るために、

寝る前にスマホをみないとか、

枕の高さを

タオルで調節するなどの、

できる範囲の

工夫をとりいれます。

 

質の高い

戦略的休息で、

パフォーマンスをあげる

適切な充電をしましょう。

 

2. ルーチン作業に落とし込む

 

行動科学では、

続けるコツとして、

 

きっかけ、

快感、

報酬

 

という

一連のサイクルがあります。

 

汗をかくのは

気持ちがよく、

頑張れば

痩せて

筋肉がつくので、

 

筋トレの継続で、

意識が必要なのは、

そのきっかけです。

 

通勤途中にある

ジムに入会するとか、

 

お風呂上がりは

筋トレタイムにする

 

といったアイデアが、

よくある

きっかけの代表です。

 

でも、

これでは

なかなか続きません。

 

おススメは、

仕事中のお昼休みに

お腹に力を入れて、

息を吐く

腹筋習慣とか、

 

週末の朝の

子供が起きてくる

前の時間の

体幹筋トレなどです。

 

これからは、

ものすごく

近い未来に

 

自分のほとんどの

自由な時間が

奪われることが

確実なことが

起きるタイムゾーンです。

 

会社帰りや、

風呂上がりは、

 

自由に好きに使える

貴重な時間なので、

 

無理して頑張る

ストイックなアクションプランには

向きません。

 

筋トレの

ルーチンは、

忙しい出来事の

直前に

組み込みましょう。

 

3. 筋トレを最終目標にしない

 

周りの人に

カッコいいと言われたい

 

でもいいし、

 

スポーツで

パフォーマンスをあげたい

 

でもいいです。

 

筋トレで

むきむきになるのはいいけど、

それで

どんな人生の変化を起こしたいのか。

 

この

筋トレの先の

目標を

 

即答できる状態に

しておきましょう。

 

シンプルに

健康のため

だけでは、

終わりがないので、

 

いつでも

終わらせて良くなります。

 

好きな人に 

カッコいいといってもらうまで

というのも、

 

永久に

終わりがなさそうですが、

終わらせないためにも、

 

筋トレのその先にある

未来を

見ておくことが

大切です。

 

 

 

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.