子育てパパ37.5歳の人生逆転ブログ

娘、息子から尊敬される父になりたいと思い立って、なりふり構わずジタバタとチャレンジしていくブログです。

◆ 筋トレ リバウンドを防ぐ3つの方法

◆ 筋トレ リバウンドを防ぐ3つの方法

 

 

1. 鏡で全身をみるクセをつける

 

ダイエットと同じで、

筋トレも

ブームのときは

いいのですが、

 

熱が冷めると、

何もしない生活になり、

 

そのまま

元のカラダに

戻ってしまいます。

 

リバウンドの防止に

一番効くのは

カラダの変化に

敏感であることです。

 

風呂上がりには、

全身をみるクセをつけましょう。 

 

特に背中の筋肉を見ます。

 

わざわざ

後ろを向いて、

しかも、

細部の筋肉に

フォーカスして、

 

衰えていないか

日々確認するのです。

 

胸筋や

上腕筋は

うまく角度をつけてみると、

 

そこそこ

鍛えられているように

錯覚で

見えることがあります。

 

背中は

ごまかせません。

 

背中を

みることで、

実力を認識しましょう。

 

 

2. 最強のときのカラダの触感を覚える

 

手のひらは

なかなかに

繊細で、

 

かなり

高品質な

センサーです。

 

しっかり鍛えたなぁー

思ったら、

 

カラダ中を

触ってみて、

 

その

張り具合、

厚み、

躍動感を

 

手のひらに

記憶しましょう。

 

そうして、

五感で感じた

文字通り

カラダで覚えた

自分の

 

最強コンディションは

衰えを

すぐに

見つけてくれます。

 

風呂でカラダを洗うとき、

着替えるとき、

ふとした瞬間に

 

手のひらセンサーで、

自分の

カラダチェックを

してみましょう。

 

力こぶ、

胸板

お尻周りなどは

 

え?

 

っと声がでるくらい

 

簡単に

しぼんだり、

たるんだり

するものです。

 

 

3.  データで明らかにする。

 

体重計で、

体脂肪率をはかることは

もはや

筋トレと

セットです。

 

加えて、

筋肉量や、

基礎代謝量も

図れる測定器が

一般的になりました。

 

筋トレの最中に

達成した

最高数値に対して、

 

どの値が

どこまできたら、

自分の中で

アウトかを

決めておくのです。

 

アウトというのは、

自分の努力を

水泡に返してしまう

デッドラインです。

 

時間、労力、

ときには

それなりの

費用もかけたことでしょう。

 

それらを

リセットして、

ゼロに

してしまうということです。

 

気づいたら

ゼロ。

 

そんな悲劇を

避けるために、

 

どこまできたら、

もう一度

やり直すタイミングなのか、

 

はじめに

数値で

自分に

コミットしておくのです。

 

 

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.