パパの人生好転ブログ

娘、息子から尊敬される父になりたいと思い立って、なりふり構わずジタバタとチャレンジしていくブログです。

◆ 筋トレ 休息の取り方

◆ 筋トレ 休息の取り方

 

 

1. インターバルは短めに

 

ジムでマシントレーニングをしていると、

10回 3セットとかやるのに、

1セット毎に、

ウロウロ歩き回ってみたり、

じっくり一息ついている人がいます。

 

計画的に

時間を測ってのことなら、

それでも

良いのですが、

 

おそらく

その日の予定も

特になく

 

たっぷり

時間を使えるのでしょう。

 

思いっきり

強い負荷で、

ガシガシ鍛えたので、

 

回復まで、

休憩が 

長くかかるのです。

 

こういう

時間をかける

トレーニングをすると、

 

短い

限られた時間の中で、

集中して

トレーニングすることが、

出来なくなります。

 

インターバルは

詰めて詰めて、

トータルの

ワークアウトの

総時間も減らして、

 

効率よく

効果的に

筋力強化を図りましょう。

 

2. 毎日同じことはしない

 

超回復といって、

鍛えたら、

休ませる

 

というのは

鉄則です。

 

毎日ウエイトをやりたければ、

上半身をやった翌日は

下半身というようにすることです。

 

どうしても、

毎日やりたいなら、

腹筋、背筋だけは

毎日やってもいいですが、

 

他は、筋トレしたら、

翌日はランニングにするなど、

 

休ませて、

強くする

 

という 

ダメージを受けた

筋肉の

再生サイクルを

 

意識した

トレーニングが

不可欠です。

 

3. 痛いときは休む

 

筋肉痛が

効いて痛いのと、

 

腰に負担がかかって、

腰痛なのでは、

 

痛い

 

の意味が違います。

 

にくづきに

カナメと書いて

腰です。

 

カラダのなかでも、

重要な

腰に違和感を感じたら、 

 

無理せず、

痛みが引くまでは、

 

無理なトレーニングは

やめましょう。

 

筋トレに取り憑かれた人ほど、

生活の一部として、

なくてはならない

大切なものですが、

 

痛みを押してまで

やることではありません。 

 

健康のために、 

不健康になってしまっていては、

何がしたいのか

訳が分からなくなります。

 

自分のカラダと

対話しながら、

声が聞こえた時には

迷わす休むという

選択をしてください。

 

 

 

〈広告〉

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.