パパの人生好転ブログ

娘、息子から尊敬される父になるためジタバタとチャレンジしていくブログです。

◆ 海外出張 ホテルの3つの楽しみ

◆ 海外出張 ホテルの3つの楽しみ

 

 

1. 朝食ビュッフェ

 

海外のホテルでは、

レベルの差こそあれ、

基本的に

バラエティ豊かな

朝食が楽しめます。

 

可能ならば、

朝食がどんなものかで、

ホテルを選びたいくらいです。

 

日本の

ビジネスホテルでも、

種類の豊富な

朝食を出すところがありますが、

 

やはり、

海外の

あの日本とは違った

雰囲気の中で、

 

さぁ、これから

仕事するぞ

 

という気持ちの中で、

 

オムレツを焼いてもらったり、

ワッフルを作ったりする

 

あのワクワク感は

旅のひとときを

 

優雅にしてくれる

時間です。

 

2. フィットネスジム

 

外国の方は

毎日カラダを

 

モリモリ鍛えます。

 

ホテルのジムにいくと、

朝の5時から、

かなりの人数の人が

 

ゼーゼー言いながら 

朝を流しています。

 

ホテルに泊まっている

ということは、

 

その人たちも

これから

仕事という人たちが

大半のはずです。

 

自分も

朝にランニングしたり、

筋トレしたりするのが

好きなのですが、

 

日本でそんなこというと

ちょっと変わったヤツという

見られかたをします。

 

むしろ、

ゆっくり寝た方が、

良いのでは?

 

という風にも

言われます。

 

ですから、

起きて、

同じ建物に

 

本格的なジムがあって、

そこに

黙々と

エクササイズする

ほかの仲間もいる環境は

 

自分にとっては、

イケてる

いい感じの場所なのです。

 

3. キングベッド

 

海外出張といえば、

ひとり部屋です。

 

家族旅行では、

ツインだったり、

キングでも

子供が横にいたりします。

 

それが、

ひとりで

全てのベッドを使えるのです。

 

予約のときから、

指定しておけば、

 

キングベッドの部屋を

使えることが多いので、

あらかじめ

伝えるのようにしています。

 

ホテルには

ツインの部屋が多いので、

 

ひとりで泊まっても、

ツインの部屋になってしまって、

 

ベッドひとつ分、邪魔になることが

あります。

 

私は背が低いので、

キングサイズの

ベッドなら、

 

その名の通り、

王様のような気分で

幸せな睡眠がとれます。

 

 

 

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.