子育てパパ37.5歳の人生逆転ブログ

娘、息子から尊敬される父になりたいと思い立って、なりふり構わずジタバタとチャレンジしていくブログです。

◆ TOEIC リーディングの3つのコツ

◆ TOEIC リーディングの3つのコツ

 

1.Part 5 , 6 は2度読みしない

パート5、パート6というのは、

文法や語彙を問うものが多いです。

 

パート6の文章挿入問題を除いて、

基本的には

知っているか、知らないか

知識を問う問題です。

 

つまり、

時間をかけて考えたところで、

わからない問題が、

わかるようになる

確率が低いのです。

 

したがって、

じっくり読みさえすれば

答えがわかる

パート7に

可能な限りの時間資源を使うべきで、

 

前半で無意味に

時間を浪費するのは

避けなければいけません。

 

わからない問題で

だらだらと迷わず、

 

速やかに腹を決めて

次々と回答をすすめていく

必要があります。

 

2.Part 7の後半は先読みしない

 

パート7の前半は、

問題数が少なく

比較的、難易度も低いです。

 

この場合、

問題を再読みすることで、

 

長文すべてを読まなくても

回答を終えることが可能です。

 

ですから、

前半は先読みをしましょう。

 

後半になると

問題が多くなって

 

選択肢で内容を推測することは

難しい分量になります。

 

この場合は、

先読みしても

結局、もう一度

選択肢を読まないと

 

内容が理解できないため、

2度読みになってしまい

タイムロスにつながります。

 

同じ単語の意味を探す問題は

先読みしておいてよいですが、

 

文意を問うような問題は、

選択肢を見るよりも、

本文を確実に理解して、

それから回答するほうが、

正答率があがります。

 

3.見直しするならパート6

 

基本的に

時間があまるようなペース配分は

900点後半くらいの人でなければ

ありえないと考えていますが、

 

それでも

焦ってしまって、

結果として1~2分

あまることもありえます。

 

その時は

長文を見直してもきりがないですし、

文法問題も、考えすぎて

あっているものを

間違った回答に

修正してしまう

最悪のリスクもあります。

 

それに対して、

パート6の

文章を選択する問題は

よくよく読んでみると

違っていたりするので、

 

最後にチェックする

余裕ができた時には

 

パート6の

文章挿入問題に

間違いがないかを

確認するようにしましょう。

 

 

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.