パパの人生好転ブログ

娘、息子から尊敬される父になるためジタバタとチャレンジしていくブログです。

◆ TOEICのおススメ勉強法3選

◆ TOEICのおススメ勉強法3選

 

 

1.必ず時間を測って問題を解く

 

TOEICの特徴はその問題量の多さです。

 

2時間集中力を切らさず、

最後まで解ききるには

そのスピード感に

細胞レベルで

体が慣れておく必要があります。

 

パート5、6、7については

それぞれ

何問を、何分で解くのか

という

自分の中での

タイムリミットを設けて、

 

その時間内で解ききる

そのスピード練習が欠かせません。

 

特に

パート7の長文については

何度も何度も繰り返し

読んでいる余裕はないので、

 

速読に合わせて、

精読もできなければなりません。

 

精読できる

自分の限界時速を

徐々に上げていく

 

そんな練習を

日ごろから繰り返しましょう。

 

2. 日本語訳をしっかり読み込む

TOEICは、英語だから難しい

思い込んでしまっているところがあります。

 

実は

日本語で読んでも

結構、難しいのです。

 

なぜならば、

ひっかけ問題があったり、

最初から最後まで

長文の文意を理解しないと

回答できない

問題があったりするからです。

 

さりとて、

さすかに英語よりは

日本語のほうが得意です。

 

英語では

回答をみても、

おぼろげながらにしか

理解できなかった点が、

 

全訳日本文を読むことで、

疑問の余地なく

完全に理解することができます。

 

こうして、

日本語訳文に触れることで、

TOEICの問題傾向の

本質をつかむことができます。

 

どんな内容の文章がでるのか、

どんな質問形式ででるのか、

どんなひっかけがあるのか。

 

英語ではなく、

国語だと思って取り組むことで、

英語ではなく、

TOEIC試験というものの

枠組みが見えてきます。

 

3.音読をしないで読む

 

これは私だけかもしれませんが、

英文を読むときに

 

ぶつぶつと

文章を読み上げてしまうくせがあります。

 

これは、

リズムよく読むことができ、

自分の耳もつかって、

内容をより理解しやすくする

効果があるためです。

 

ところが、

自宅や

音楽のかかったカフェ、

雑音の多い電車の中などで

 

勉強をしていると、

この

ぶつぶつ音読に

無意識になってしまいます。

 

いざ本番。

 

静まり返った受験室では、

絶対にぶつぶつ音読はできません。

 

黙読を極めれば、

音読以上の速さで

英文を理解できるようになります。

 

普段の英語の勉強には

音読ほど効果のあるものはない

と信じて疑いませんが、

 

こと

TOEICに至っては

 

音読しなくても

紙に書いてある英文が

すんなりと

頭に入る訓練を

しておきましょう。

 

 

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.