人生好転ブログ

娘、息子から尊敬される父になりたいと思い立って、なりふり構わずジタバタとチャレンジしていくブログです。

◆マラソンをやって変わった3つのこと

◆マラソンをやって変わった3つのこと

 

 

 

1. 時間の使い方が上手くなった

 

マラソンはスポーツのなかでも、

一人でどこでもできるので、

 

やるかやらないかは

いつでも

どこでも

 

自分で決められます。

 

ですから、

仕事の合間でも、

週末の早朝でも、

旅先でも

 

どこでも、

走り出したその瞬間に

ランナーになれるのです。

 

すなわち、

隙間時間の

意識が研ぎ澄まされ

 

今この時間に

何ができるか

 

ということを

細胞レベルで、

 

感じ続けることが

できるようになります。

 

何かやりたいことを

意識することは、

 

そのやりたいことを

やる時間を

見つけることと

つながっています。

 

2. 旅の楽しみが増えた

 

海外出張が多いのですが、

そこでもいつも

ランニングします。

 

ホテルから、

仕事先までの

往復で終わる出張と、

 

その町の、

ちょっとした

裏通りや、

朝の公園など、

 

住まなければ

味わえない景色に

出会うことが出来ます。

 

散歩では

いけない距離まで

ランニングならいけます

 

ほんの隙間時間でも

体調管理を兼ねて

楽しく

観光ができます。

 

この旅ランは

人生を

明るくしてくれる

 

最高の趣味になりました。

 

3.  仲間が増えた

 

ゴルフ仲間や

釣り仲間のように

 

大人の趣味で

つながるネットワークがありますが、

 

自分はそれらと無縁で、

しかもお酒もほとんど飲まず、

タバコも吸わない

 

とっても地味な、

つまらない男でした。

 

それが、

ジョギングから始めて、

フルマラソンを完走して、

継続して出走するようになったくらいから、

一気にランニング仲間が増えたのです。

 

誰からともなく

フルマラソンランナーが近づいてきて、

共通の話題で盛り上がり、

 

自分たちの

ストイックさ、

変態的な自虐的性格の部分に

共感し合って、

 

オタク的な

コミュニティが

形成されていったのです。

 

趣味でつながる

って

 

こういう感覚なだなと、

いまさらながら

実感した出来事でした。

 

 

〈広告〉

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.