人生好転ブログ

娘、息子から尊敬される父になりたいと思い立って、なりふり構わずジタバタとチャレンジしていくブログです。

◆メルカリをはじめるときの3つのポイント

 

◆メルカリをはじめるときの3つのポイント

 

 

1.なんでもとにかく出品する。

メルカリでは、コマーシャルでもやっているように、

「え? こんなものが売れるの?」

ということが起こります。

 

書き込みのある本

 

壊れた腕時計

 

もらったレジ袋

 

中古のくつした

 

マラソン完走メダル

 

これらはすべて私が実際に出品して

売れたものです。

 

まさか売れるとは思っていませんでした。

 

ただ、なんとなく捨てにくいなと

思っていたので、ちょっとふざけて出品したものです。

 

つまり、

 

自分の感じる価値と、

他の方が感じる価値は異なるのです。

 

メルカリを始める前に、

断捨離ブームが来ていて、

片っ端から捨てていたことを後悔しています。

 

捨てたいものは、捨てればよいですが、

まずは期限を決めて、

出品してみてはどうでしょうか。

 

 

2.送料は込みで出品する。

 

初めから着払いはハードルが高いです。

 

ユーザはアマゾンなど、

あらゆるネットショッピングを

送料込み前提で認識しています。

 

メルカリもほとんどが送料込みです。

 

着払いの場合は、まじか? と焦るレベルです。

 

別に構いませんが、結局、最初の設定金額だけ

少し安く見えるだけで、

着払いだと、高くなるため、

その計算の負担がユーザーの心理負担にそのままなるのです。

 

初めはまずは実績つくりなので、

売ることを優先しましょう。

 

いきなり着払い品が売れることは

そうそうないことです。

 

3.買ってみることも経験のひとつ。

売りたい人は

買う人の心理を

知っておく必要があります。

 

実際にユーザとして

使ってみることで、

購入してみることで、

お客さんの視点が持てます。

 

どんな写真が見やすいのか、

どんな説明がわかりやすいのか、

いくらくらいが相場なのか。

 

ただ眺めるだけではなく、

実際に価格交渉してみたり、

質問してコミュニケーションをとってみて、

買う側でよいので、

ユーザ評価をためていきましょう。

 

ユーザ評価で

買う側でよいがつかないとしたら

相当なことをしたのでしょう。

 

基本はよい評価がつきますから、

良い評価をためて

信頼度をあげましょう

 

アカウントの信頼が上がると

売れるハードルも下がります。

 

初めての出品の場合、

買う人は少し怖いです。

 

ちゃんと、ネコポスおくれるのかな

とか

梱包とかできるのかな

とか

 

信頼の積み重ねが

大切なのははじめだけではありません。

 

そしてメルカリだけでもありません。

 

販売を焦らずに

まずは信頼をためることに

集中してみてください

 

 

 

 

 

〈広告〉

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.