子育てパパ37.5歳の人生逆転ブログ

娘、息子から尊敬される父になりたいと思い立って、なりふり構わずジタバタとチャレンジしていくブログです。

◆転職で内定が出た時にする3つのこと

 

◆転職で内定が出た時にする3つのこと

 

 

1.他社とのスケジューリングがカギ!

転職は新卒一括採用と違って、

内定をいくつも集めて、

最終的に1社に絞る

というような芸当ができません。

 

基本的には内定が出たら、

1週間から10日前後で、

入社するかどうかの意思表示が必要です。

 

企業側も来てくれないなら

早めにその回答をもらって、

次の採用を継続しなければいけません。

 

これは先方もかなりの費用をかけていますので

当たり前のことです。

 

つまりは内定が出てからでは遅いのですが、

選考過程にある応募企業との

スケジューリングを合わせていく

ということが非常に活動で重要になります。

 

特に志望度が低い企業から、

早い段階で面接が進んで、

内定が出てしまうようなケースです。

 

それ以降、全滅するリスクもある中で、

まだ他社は書類選考中。

 

こんなとき、

最初の内定という理由で、

企業に入社を申し入れてよいものか、

お断りしてもったいないことにならないか。

 

これは究極の悩みどころです。

 

これまで親身になってくれていたはずの

エージェントコンサルタントも、

この最後のクロージングフェーズでは、

どうしても成果を出したいという焦りから、

とにかく決まった内定先に

入社してはどうかとプッシュしてきます。

 

もしプッシュしてこなかったら、

そもそもあまりお勧めではない

企業の可能性さえあります。

 

ですから、

内定が出たら、いつまでに返事が必要かは、

面接の段階で聞いておいて、

可能な限り延ばしてもらうよう

希望を正直に伝えるべきです。

 

そして内定が出る段階まで来たなら、

選考中の企業には、一日でも早く

次のステップに進めてもらえるように

猛プッシュをかけてください。

 

同じエージェントの案件ならば、

うまくやってくれることもありますが、

別のエージェントの場合は、

そうもいかないこともあります。

 

2.書き物での内容確認を忘れずに。

 

内々定という形で、めでたく最終面接合格を手にしました。

 

ただしこれで浮かれてしまったり、

さあ、退職だなんだと次のアクションに移るのはまだ早いです。

 

近日中に、内定通知という類の書類が出てきます。

 

この書類の中身を穴が開くほど見ておきましょう。

 

給与面や待遇の詳細が書かれていますが、

事前に聞いていた内容と乖離がないか、

コンサルタントと一緒に

家族とも一緒に確認しましょう。

 

書き物でいうと、入社を決めてから、

入社までの間に、揃えておくべき書類

というものが指示されます。

 

健康診断書や、家族の情報だったりするのですが、

家計を共にしない個人の保証サインだったり、

転勤には従うという誓約書だったり、

聞いていない書類が出てくることがあり得るので、

 

内定承諾の前に、一度確認しておくとよいでしょう。

断る選択肢はほぼないですが、

びっくりして、後々の不満になるのは避けたいためです。

 

3.家族への感謝を伝える

独身の方は友人や親でもいいですが、

転職にあたりサポートしてくれた方々へ

このタイミングできちんと報告すべきでしょう。

 

気持ちが高ぶって、

やれ退職手続き、

やれ次の職場での準備などと

焦って手を動かしてしまうと、

周りは少し心配になります。

 

ご自身としては

お祝いなどしてもらうのは

新職場で落ち着いてからで

十分です

 

くらいの謙虚な気持ちのつもりかもしれません。

 

でも、

周りのサポータの皆さんは

この内定まで

一緒に戦ってくれた仲間です。

 

特に奥さんには

恥ずかしがらずに

お礼の気持ちを伝えてください。

 

そうして

一つのけじめをつけることで

自分の中での決意も新たになります。

 

退職の手続きにはエネルギーを要します。

 

冷静を装って、

内定後にサクサクと作業するほうが

かっこよく見えたりします

 

でも実際は、

ごまかしてしまっているのです。

 

自分の実力で手にした転職ではなく、

かかわったすべての人の共同制作です。

 

周囲の人を巻き込んで

成功を手にしたなら、

スタンドプレイで得たよりも

価値あるものではありませんか。

 

ありがとうという気持ちを

コンサルタントの方にも伝えて、

自分のこれまでの頑張りを

かみしめてください。

 

 

<スポンサーサイト>

 

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.