子育てパパ37.5歳の人生逆転ブログ

娘、息子から尊敬される父になりたいと思い立って、なりふり構わずジタバタとチャレンジしていくブログです。

◆転職書類、面接が通過しないときにするべきの3つのこと

◆転職書類、面接が通過しないときにするべきの3つのこと

 

1.職務経歴書を見直しましょう。

書類選考はシビアです。

 

思った以上にお祈りメールを連発して受けることがあります。

 

年齢が行けば行くほど、まったく面接までたどり着けない人もいます。

 

新卒の際にも経験があるかもしれませんが、

エントリーシートの内容をブラッシュアップする中で、

書類の通過率が上がり、

面接での受け答えもうまくいくことがあります。

 

これは考えがまとまり、伝えるべきことに

絞り込む作業ができていくからです。

 

職務経歴書はすでにコンサルタントと作りこんでいるので、

これ以上変えようがない、変えたくないという気持ちになります。

 

この作業はめんどうなので、一度やりきったら

それ以上の時間を使いたくないという心理も働きます。

 

重要なことは、採用を勝ち取ることなので、

選考で前に進んでない以上、今一度対策を練り直すことの

重要性は素直に認めなければいけません。

 

企業によって、期待している経歴書の書き方、風味はことなります。

 

汎用の経歴書が出来上がったからといって満足せず、

企業に合わせてカスタマイズしてください。

 

コンサルタントに具体的に通過した書類と

自分の記載内容との違いを指摘してもらって、

アドバイスに従って修正を加えていきましょう。

 

2. エージェントに本気度を伝えよう。

エージェントのコンサルタントも、

複数の候補者を相手にしています。

 

自分よりも熱意たっぷりの候補者を担当していたら、

自然とその人にかける時間、エネルギーが増していきます。

 

自分もどうしても転職したいという思いがあれば、

その気持ちをコンサルタントにぶつけて、

何か現状の打開策を一緒に考えてほしいと

本気度を伝えることは大切です。

 

その人が無理でも、志望企業の担当者であったり、

その人の上司から、これまでとは違った

別の角度からのアドバイスを得られる可能性があります。

 

エージェントもチームです。

チームの総合力を自分の力に変えるのです。

 

エージェントのコンサルは

転職者が、採用活動で撃沈していく様を

毎日見ていますので、その点では慣れています。

 

自分の気持ちが落ちているときに、

友人や家族に過度な相談はしないほうが得策です。

 

何を言われてもイライラしてしまう上に、

信頼できる関係性に、

ひびが入ってしまい、

ここぞというときに余計な心配事が増えます。

 

日常的に転職相談できる仲間はいればうれしいですが、

お祈りメール連発の、撃沈期においては、

プロのアドバイスを引き出すことが

やるべきことです。

 

 

3. 少しだけ応募範囲をひろげよう。

応募企業や、業界、職種について、

決定稿で攻めていた場合は、

ほんの少しだけ範囲を広げてみましょう。

 

ここで重要なことは

ほんの少しという点です。

 

なぜなら、やけくそでめいっぱい勢いで

応募先を増やしてしまうことがあり、

結局、興味のない企業の面接が決まってしまうような

無駄な労力が発生するからです。

 

新卒のように面接の練習などといって、

希望もしていない企業を受けるのは

相手にも失礼ですし、自分にも失礼です。

 

真剣に転職活動をするならば、

熱い気持ちと冷静な行動を

ハイブリッドで運転していくことがカギになります。

 

ほんの少しだけ範囲を広げると、

これまで見えていなかった隠れた優良企業に出会えたり、

見えていなかった自分に気づくことがあります。

 

そういうチャンスをみつけにいくことで、

意外にも知らなかった無名の企業で、

満足いく転職を達成することもできるのです。

 

 

 

<スポンサーサイト>

 

 

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.