人生好転ブログ

海外出張、子育て、筋トレ、TOEICなどについて書いています。

転職時の職務経歴書の書き方 スカスカの内容にしないために

転職時の職務経歴書の書き方 スカスカの内容にしないために

 

f:id:hirokionlinex:20190731101803j:image

 

職務経歴書というのは新卒の就活ではまず書くことは無いもので、転職する際に初めて書きます。

 

改めて自分の仕事人生を振り返って、スカスカだなぁと愕然としてはいけません。

 

あなたにとって当たり前にできることが、意外と他人からは特別な知見や経験であったりして、企業が求めているものかもしれません。

 

どんな風に職務経歴書を書けば良いのでしょうか?

 

職務経歴書はまずサマリーを書いてみる

 

履歴書と違って、書きなれていないのが職務経歴書です。

 

これは新卒採用では作成しませんし、アルバイトでも経験がありません。

 

つまり、転職活動で初めて出会うものです。

 

しかし、転職活動の中で、書類選考で重視されるのはこの職務経歴書です。

 

履歴書ももちろん重要なのですが、よほどのハイスペックな履歴書でない限り、職務経歴書でアピールを足さなければなりません。

 

逆に、履歴書に書いてある学歴、社歴まではキラキラしていても、職務経歴書の中身がスカスカだとこれもまた書類選考では厳しい結果になります。

 

まず職務経歴書を準備するにあたって重要なことは、つらつらと経歴を記載する前に、経歴書のトップにサマリーを書くことです。

 

転職エージェントからもらうフォーマットはすでにそのようになっている可能性が高いですが、案外このサマリーを軽視する転職者が多いです。

 

サマリーでインパクトある内容を残すことが、

書類選考突破のカギとなります。

 

そして、ご自身の経歴を端的にまとめる能力もみられます。

 

インパクトを残したいがために、だらだらと詳細を書いてもいけません。

 

サマリーはインパクトがあり、かつコンパクトでなければいけません。

練りに練ったサマリーを職務経歴書のトップに書いてください。

 

職務経歴書には具体的な実績を書きましょう。

 

職務経歴書の内容で重要なことは具体性です。

 

履歴書ではどれほどの実力の人なのか、その詳細は分かりません。

 

経歴書は履歴書と役割が異なります。

 

その仕事でどのような結果を残してきたのか。

実績を具体的にかく必要があります。

 

営業成績ならば、目標額いくらにたいして、いくらの結果を出したのか、目標に対して何パーセントの実績だったのかということです。

 

売上高はいくらか、担当品目の単価はいくらかなどの数値での説明が不可欠です。

 

営業でなかったとしても、ご自身の成果は可能な限り数値に落とし込み、説明する必要があります。

 

これは実際には転職に限らず、日々の仕事において、成果をアピールする際にとても重要なことです。

 

それを社外の人にはっきりとしたイメージをもってもらうためによりかみ砕いて説明することが重要です。

 

わかりやすい説明ができる人なのかどうかということも経歴書の書き方からは判断されます。

 

職務経歴書では再現性を証明すること

 

職務経歴書に記載されていることは過去です。

 

ただし、採用担当者が見ている先は未来です。

 

つまりこの会社にはいって、この人は何ができるのか、どれだけの成果を残してくれるのかという未来を見ているのです。

 

過去を書いている経歴書から、未来が見えなければいけません。

 

未来とは再現性です。

 

これまで過去に行ってきたことを再現できるのか。

 

同様の、それ以上の成果を未来に生み出すことができるのか。

 

それが見えてくる内容になっている必要があります。

 

例えば知見や経験が新しい職場でどのように生かせるのか、過去のノウハウが今後も使えるものなのか、成果がラッキーパンチではなく、入念な準備による戦略的なものか。

 

そうした成果の裏側が確実に見える内容であることが経歴書に書かれていなければなりません。

 

職務経歴書のまとめ

 

徹底的に作りこまれた職務経歴書はあなたの売り込み広告です。

 

転職しようがしまいが毎年アップデートして、自分の市場価値を客観的に見ておくことも大事です。

 

是非とも履歴書とともに職務経歴書の作成を始めてください。

 

 

<スポンサーサイト>

 

 

 

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.