パパの人生好転ブログ

娘、息子から尊敬される父になるためジタバタとチャレンジしていくブログです。

◆転職サイト活用の3つのポイント

◆転職サイト活用の3つのポイント

 

 

1. 大手のサイトに複数登録しましょう。

転職エージェントは多数ありますが、最初に登録するだけでもかなり面倒です。

まず個人情報を記入したうえで、面談をして。

 

これが複数の会社にまたがると手間に感じてしまいます。

 

それでも複数登録をおすすめします。

 

理由はいくつかあります。

 

まず、エージェントによって、取り扱いのある求人に違いがあります。

R社しか登録しない場合、そのエージェントと取引のある企業にしか

応募できないのです。

 

P社にも登録しておくと、R社にはない求人の紹介を受けられることがあります。

 

またR社とP社が同じ求人を扱っていたとしても、転職希望者に対して、

その案件を紹介するタイミングが異なることがあります。

 

応募はスピードが肝心なため、スローな対応では話になりません。

 

担当者の力量にも差があります。

 

同じR社の中にも優秀なコンサルタントもいればそうでないこともあります。

ですが、R社の担当がいまいちだなと思っても、担当を代えてくださいというのは

なかなか言いにくいうえに、実際には難しいことだと思います。

 

そんなことに労力を割くくらいなら、複数のエージェントで

複数の担当者と接して、最も信頼できる方とがっちりチームを組んで

戦略的に転職活動を進めるほうが効率的です。

 

多くのエージェントは個別のサイトに登録することで求人検索ができますが、

このサイトの利用のしやすさもエージェント選びの一つの理由になります。

 

使いやすいサイトと、そうでないものにはかなりの差があります。

 

2.マイナーな転職サイトは要注意です。

意外と大手でないマイナーエージェントのほうが、

地元密着型で優良な掘り出し求人を持っていたりします。

 

大手のエージェントに登録すると、求人募集の企業だけではなく、

聞いたことのないマイナーエージェントからも、

求人の紹介を受けるケースがあります。

 

こうして次々とエージェント登録していくと気が付いたら

5社も10社も登録していたなんてケースもあります。

 

どうしても行きたい企業があったのならば、マイナーエージェント経由での

応募もありだとは思います。

 

ただし、紹介会社もビジネスの為、求職者と同じように

企業も重要なお客様であります。

 

私の肌感覚では、マイナーなエージェントや、大手でも

若手のコンサルタントはどちらかというと企業よりの仕事をしがちです。

 

エージェントにとっては採用が決まった瞬間に、企業からお金が支払われるので、

実益としては、企業側のメリットに利害が一致するのです。

 

大手のベテランコンサルタントは、1件の成約よりも、信用を第一にしています。

したがって、余裕があります。

 

そのため、企業の都合よりも、求職者の思いに寄り添って、

親身になってアドバイスをしてくれるし、時には

まだ転職ないほうがよいのではという助言もくれます。

 

私は、人の再出発のお手伝いがしたいという純粋な信念をもって

仕事をしているコンサルタントが比較的多いなと感じる点で、

大手のエージェントをお勧めします。

 

3.Webサイト経由でポチッと応募しないこと。

求人サイトに登録すると、とても使いやすいサイトほど

簡単に応募できてしまいます。

 

特に1回目の転職の方に多いのですが、

いいなと思う求人を見つけたら、

そのまま勢いでポチッと応募してしまいます。

 

事前に履歴書も職務経歴書も登録したし、

しかも内容はエージェントのコンサルタントにも

入念に添削してもらって作りこんだし。

 

だったらこの次にコンサルタントと相談するのは

書類通貨して、面接に進んでからだなと思ってしまう人が多いです。

 

新卒一括採用は基本的にこの方法で、

個別にサイトから応募していくので、

転職の際も同様にやってしまうことがあります。

 

これはあまりにももったいないのです。

 

エージェントサービスは基本的には無料です。

そして転職の目的は採用されることです。

 

そうならば、使えるものは使い倒すべきです。

コンサルタントとのコミュニケーションを

面倒くさがっていては採用は遠のきます。

 

気になる求人があれば、応募の前に、

もしくはポチッた瞬間に、

コンサルタントに連絡しましょう。

 

その企業の詳細情報、どんな選考をするのか、

求人の背景、採用の熱意などなど

多くの情報を得ることができます。

 

また、自分の希望を伝えることで、

書類選考の前に、コンサルタントから

企業の担当者に一言プッシュコメントをしてもらえます。

 

私の経験上、転職エージェントの利用価値は

このひとことプッシュにつきます。

 

書類だけではそもそも見てない可能性があります。

見ていても、不採用ならそれで終わりです。

 

そこに対して、すでにじっくりと面談をして、

どんな人かを分かったコンサルタントが、

 

企業の担当者に個別に連絡をして、

この人をぜひと言ってもらっての

推薦応募であれば、通過確立は確実にアップします。

 

逆にいうと

このプッシュがなければ転職活動は難しいです。

 

よほどのスペックがない限り、

他の候補者が推薦付きでやってくるので、

優位性を見せにくいです。

 

エージェントのコンサルタントと仲良くなることが

第一歩ですね。

 

<スポンサーサイト>

 

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.