パパの人生好転ブログ

娘、息子から尊敬される父になるためジタバタとチャレンジしていくブログです。

働き方改革 アイディア事例 (ミッションステートメント)

働き方改革 アイディア事例 (ミッションステートメント)

 

f:id:hirokionlinex:20180922211012j:image

 

私のやった働き方改革ではまず関係する人をチームに分けました。前にも書きましたが、部門の使命、人材の育成、業務の効率化、事業の戦略という4つです。中でも、部門の使命に関しては全ての土台となるので特に本気で取り組みました。

 

ここで質問ですが、みなさんの職場には部門の使命という明文化された自分たちがやるべきことってありますか? パパだけでなくママにも同じ質問で、ご家族の中で自分たちはこんな考えで生きていくのだ! みたいなものを書き出していますか?

 

多くの職場組織では浸透しているかどうかは別にして、なんらかのミッションステートメントはあるはずです。それを大事にしているかどうかの違いです。

 

そして多くのご家庭ではそんなものはなかなかないと思います。家庭までビジネスライクに堅っ苦しい感じにしたくないというのもよくわかります。

 

働き方改革アイディア事例ミッションステートメントを改良する

 

ミッションステートメントって決まっているものなので、変えられないと思い込んでいる人がいますがそんなことはありません。企業の目的は業績を上げていくことなので、それができるならミッションステートメントを書き換えてもいいのです。

 

必ずいい方向に変えないとダメですが、例えば毎日20時までには仕事を終えて帰りましょうなどというのがあったので、私はこれを17:30に書き換えました。

 

よくなることならどんどん見直ししたらいいのです。そしてその度に見直して頭に入れていけばいいのです。

 

今まで薄っすらとも思い出すことのなかったミッションステートメントを今回の働き方改革のアイディアだしでは何度も何度も読み返しました。そういう地味な活動が結局一番効いてくるのです。

 

まとめ

 

活動の最初に取り掛かったのがこのミッションステートメントの改良ですが、活動の一番最後にもまた見直しを行いました。こうしたマメな振り返りがよいミッションを作り上げていくのです。

 

家庭内でもぜひ作っていただきたいです。この家族の大切にしていること、この家族の目指す未来、この家族のルール、この家族のスローガンなどなど、なんでもいいので家族の気持ちを一つにするミッションを話し合って分かち合って作り上げて欲しいです。

 

きっと幸せな気分になると思います。

 

次回からは具体的な働き方改革のアイディア事例満載でお送りいたします!

 

 

 

 

Copyright 2018 hirokionlinex All rights reserved.